言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

検索

リンク

e0279055_01262538.png e0279055_01303666.png e0279055_01563047.png

メモとマーケのメルマガ発行中。
e0279055_02304275.png
空メール送信またはQRコードをクリック!
手帳のノウハウ一気に獲得!
e0279055_02293829.png
ボタンを押して中身を確認!

記事ランキング

最新の記事

成約くださるお客様が、効率的..
at 2018-02-15 11:00
予定立案より、事実の記録を。..
at 2018-02-09 18:08
価格競争やスペック競争から抜..
at 2018-02-07 16:28
持ち歩きメモを手軽に整理する..
at 2018-02-02 17:25
サイズが半分以下なのに、フル..
at 2018-01-11 11:45

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

タグ:コンテンツ制作 ( 5 ) タグの人気記事

成約くださるお客様が、効率的に見つかるコンテンツの作り方

e0279055_09562260.jpg
少し前に書いたブログで効率的にお客様を見つけるコンテンツの作り方には「良い方法がある」と書きましたが今回はその具体的な方法の話です。
この記事で書きましたが、コンテンツの同心円では、中心から遠く外側へ行くほど集客率は上がるが成約率は下がると言う性向が見られます。

ですから、同心円の内側にフォーカスすれば、成約していただける可能性の高いお客様をたくさん集められるコンテンツを作ることができるし、それが最も効率的に企業運営が行えるのですよ、というお話でした。

実はこの「成約率の高いお客様を集めるためのコンテンツ」を作るための方法論は昔から存在しているのです。

さぁ、それはなんでしょう?


…続きを読む
by kids1226 | 2018-02-15 11:00 | マーケティング | Comments(0)

価格競争やスペック競争から抜け出すための、「内在型コンテンツ」に注目したブランド戦略をお知らせします。

e0279055_15405691.jpg
今回のお話は、これまでに書いてきた「外在型コンテンツと内在型コンテンツ」シリーズの続きの記事です。
これまでの記事は、



を、まずお読みください。

で。

インターネットが一般に普及してからこっち、
「数字で示そう」だとか、「成果が大事」とか、そういう話題がとても多くなりました。
そして、その考え方には、基本的には大きく納得しているのです。

が。

インターネットの破壊的な力が悪く活用されると、こういう成果主義や数値把握は、
無用な「競争」や、誰も幸せにならない「徒労」も生み出す、ということにも、
そろそろ多くの人が気づいてきているのではないか?と感じております。

なので、はっきり言いますが、

「数字の事しか言わない奴はバカ」

です。

「アホはだまっとけ。ボケ」

であります。

「何も知らんくせに、ごちゃごちゃ抜かすんやないわドアホが!」

と言いたいし、

「中身の良しあしがわからんから、数字という証拠が欲しいだけやろ。
その『数字が…』という言い方で、お前の頭の悪いことが、まる見えになってるやないか。
それも分かってないのか。ほんまにアホやのぉ」

ということなのであります。

「スピードメーターの速度が速いとか遅いと文句を言いたいなら、せめて交通ルールを学んでおくことと、60kmの速度をいきなり5kmに落としたら50km/hで走るより危険ということくらいは分かってから言え」

という話になります。

わかりますかね? このたとえ。

でもいまや感覚だけで「50km/hは速すぎますよ危険です」とか「70km/h出さなきゃ遅いよ。え?法定速度?なにそれ?」と言うレベルの人間が「数値だ」「成果だ」と言っている、ということなのです。

汚い言葉で、大変申し訳ございません。

でも、この汚い言葉に正面切って堂々と反論できる人は少ない。なぜなら、この反論をするためには、あらゆる出来事にプロ並みの知識と経験が必要になるからです。
数字が示していることと真逆の事が起きることなんて、現実社会では日常茶飯事なのです。

・現場を大切にしている
・真に役立つ事とはどういうことかを考えている
・人の感じ方や痛みにまで心を配る

というようなことをやっている人なら、「数字だけ」を優先させてもロクな事がないということを、死ぬほど繰り返し体験してきているはずだからです。

そして、だからこそ。

多分おそらく、あらゆる業種、あらゆるお商売を、昔からコツコツていねいにされている方なら、その多くが、こういう気持ちにならざるを得ない状況が生まれていると考えられますので、その、まじめにキチンと仕事をしてきた方の気持ちの代弁を先にやっておこうと思ったからであります。

なぜ、こんなことを言うのか?


…続きを読む
by kids1226 | 2018-02-07 16:28 | マーケティング | Comments(0)

稼げるコンテンツは、集客できるコンテンツではありません。それを判定する「同心円」のお話です。

e0279055_12210269.jpg

コンテンツ制作をずっと仕事にしてきて、一番大切だなぁといつも思うのが、表題に示した「外在系のコンテンツにするか、内在系のコンテンツにするか?」という話なのです。

外在系、内在系コンテンツとは何か? については、以下の以前の記事をごらんください。




近年、インターネットマーケティングが話題になって、やたらと「コンテンツ、コンテンツ」と言われるようになったのですが、どうも右を見ても左を見ても、この「内在系と外在系」という、コンテンツの種別について書かれているものが全然ないんですよね。

いや、ちゅうか、「内在系」「外在系」というのは、僕が作った言葉だから、世間に流通してる訳ないんですけど、こういうコンテンツ作りの根幹に関わる部分の「考え方」みたいな事も、全然話題にならないのが不思議に感じて仕方ないのです。

簡単にまとめてしまうと、どんな商品やサービスも「顧客から見た外側の魅力」と、「商品・サービス自身が持つ内側の魅力」の2つがあります。

もっと簡単に言えば「お客さまが知ってる情報と知らない情報」とまで極端化しても良いかもしれません。

で、結論から先に書いてしまうと

●「集客」に効果的なのは「外在系」
●「成約」に効果的なのは「内在系」


なんです。
分かりますか?

これ、ごくごく当たり前のことしか書いてないこと、わかりますか?


...続きを読む
by kids1226 | 2017-08-29 11:38 | マーケティング | Comments(0)

第97号:決して盗作騒ぎに巻き込まれないコンテンツマーケティングの方法がある事をご存知ですか?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[KID'S SIGNAL] キッズシグナル●第97号●
2016年12月19日(月)
(旧暦:霜月21日)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

みなさん、いかがお過ごしですか?

前号のメルマガでは、音声入力で作成したと言う話を書きました。今日もまた音声入力でメールを書いています。歩きながら思いついたことをしゃべるだけで、メルマガの下書きまではできあがるので、実にありがたいです。
今回は8割くらい音声入力で書いております。

さて、最近思うのは、どんなマーケティング手法でも良い面と悪い面を考えなければ、本当の「お客さまからの信頼」は得られないよなぁ、と言うことです。

というのは、先日来話題になっております welq(ウェルク) と言う医療系の「まとめサイト」で、不正確な内容の記事や、著作権無視の転用・盗用が頻発していたことが、大きな話題になっているからです。

まさに「コンテンツマーケティング」の「悪い面」が如実に出た事件でした。

この[welq(ウェルク)]が、どういう「まとめサイト」だったかというと、

●「工場」のように記事を大量生産して検索上位を確保。
●しかし、不正確な内容や荒唐無稽な記事が複数(大半の記事)あった
●「広告至上主義」で検索サイト上位表示=SEOだけを重視
●著作権を侵害する記事内容や写真の転用・盗用も平気
●医療系サイトなのにネットで専門ではないライターを雇い「記事の大量生産」
●責任を問われても「プラットフォームを提供しただけ」と記事の責任をあいまい化
●健康・美容・医療など、単価が高いキーワードばかりに広告を自動配信。暴利を狙う。
●著作権の意識が低く・メディアとしての自覚も皆無

というひどいものでした。
その結果、多くのインターネットユーザーが、検索サイトでの表示結果は信用できないもの、と考えざるを得なくなってしまいました。

現状の検索サイトは、残念ながらテクニックだけで上位表示できてしまうということが、この事件でかなりはっきりと明確化されたのではないでしょうか?
今後は、検索サイトでの検索表示位置よりも、同様のジャンルの複数サイトを見比べ、サイト全体の信頼度で情報の真贋を検討するという態度が、どうしても必要になってしまうでしょう。

あのwelqというサイトそのものは、運営者側が盗用を示唆していた部分があって、犯罪としか言えない部分も大きかったわけですが、ここで大切な事は、あのサイトに広告を出していた企業があったと言うことです。
嘘やでたらめばかりを書いているサイトとは知らずに広告を出していた企業としては、そういうサイトを応援していたかのように思われて、いい迷惑です。

が、逆に言うと大手企業が広告を出していたからこそ、そこで紹介される情報が信用されたと言う側面もあったわけです。

つまり企業には、いつもは明確に数値化はされていませんが、目に見えない、大きな大きな「信頼」と言う重要な財産を持っているのだ、ということです。



…続きを読む
by kids1226 | 2016-12-19 17:25 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)

おしゃべりな散髪屋さんに、「一発で分かるプレゼンテーション」を教えられました。これはすごい。

e0279055_11144251.jpg
先日、散髪に出かけました。

いつも行ってる理髪店が改装中だったので、同じチェーン店の別の店に入ったのですが、そのカットを担当してくださった方が、なかなか面白かったのです。

きさくなおじさんで、けっこうなダミ声で、雑談を楽しみながら調髪されるタイプの方でした。カットをするために僕の髪に霧吹きをあて、しばらく髪の毛をさわった後、

「お客さん、耳の上のあたりの毛を後ろになでつけるクセがあるんじゃないですか?」

と質問されてきたのです。

「うーん、そうかもしれません」

「そうですか。そのクセのせいだと思いますが、耳の上の左右の毛がピンと立ってしまってるんですよ。ほら」

と、鏡を見ながら僕の髪の毛をちょっとつまんで見せてくれました。

「ああ、確かに。これ、いつもなってますわ。」

と答えると、


by kids1226 | 2016-03-31 14:02 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)