人気ブログランキング | 話題のタグを見る


言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

もうすぐ有料化!お急ぎください!
_e0279055_00463145.jpg

毎日メルマガやってます。
_e0279055_00320587.jpg
いますぐ登録! 上↑のアイコンをクリックしてください!

HP/SNS
_e0279055_01262538.png _e0279055_01303666.png _e0279055_01563047.png



当ブログ記事をジャンル別に紹介
_e0279055_00194065.jpg

記事ランキング

最新の記事

リングノートの「背表紙問題」..
at 2023-01-21 12:08
「無地のノート」には、多くの..
at 2023-01-15 12:00
本棚に、できるだけ数多くの書..
at 2023-01-12 01:22
ツイストリングノートのメモサ..
at 2023-01-08 11:59
ダイソーの「お名前スタンプセ..
at 2022-11-28 17:05

タグ

カテゴリ

全体
【紙の情報整理・基本のキ】
ツイストノートメモサイズ
みんな大好き「お金の話」
【一部屋まるごとDIY】
文具・ツール
ブラインドタッチ
生活
文章の書き方
マーケティング
読書日記
メルマガ:KID'S SIGNAL
パンフレット基礎講座
映画・エンタメ
学習
DIY
ブレン
無地のノート
SARASA NANO
生活・豆知識
文具関連名著42
社会
未分類

以前の記事

2023年 01月
2022年 11月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
more...

検索

その他のジャンル

人生の成功を左右する、重要な力は「才能」ではなく「やり抜く力 GRIT(グリット)」なのだ、ということ。誰にとっても「努力」こそが最重要ってことだ。

2022年 07月 23日
いや、なかなか、久々に名著にあたることができました。
この本はかなり素晴らしい書籍だと思います。
人生の成功を左右する、重要な力は「才能」ではなく「やり抜く力 GRIT(グリット)」なのだ、ということ。誰にとっても「努力」こそが最重要ってことだ。_e0279055_00494462.jpg

サブタイトルにあるように「人生のあらゆる成功」を左右する力が「GRIT(やり抜く力)」という話なんですね。

で、「やり抜く力」とは何かと言えば、決してあきらめず、自分の目標に向かって、日々努力し続ける力、と要約しても良いかもしれません。
単純に言ってしまえば「努力」ということになります。

「努力するかどうかが人生を左右する」

などと言ったら、なんだか手垢のついた表現の用にも感じますが、この本はそういう「一般論」を述べているのではなくて、例えば「才能」にあふれた人物と、「才能」的にはパッとしないけれど、あきらめずに努力し続ける人物とでは、のちのちの成功の度合はどう違うのか? ということを、学術的なアンケートと統計で、長期にわたって検証し、「才能」よりも、「GRIT(やり抜く力)」の方が、圧倒的に結果を出しているのだ、という事例を紹介しているのです。

つまり学術的な「検証」を踏まえた結果についての報告の書なんです。誰かの個人的な意見陳述書じゃないってことです。
確かな検証を経て、「才能より、最後までやり切る努力こそが明暗を分ける」と証明している本だ、ということです。

そして、衝撃的な事実として存在しているのは、

●「才能」より「努力を継続する」方が圧倒的に成果につながりやすい。

という話なんですね。
「まさか、こんなに圧倒的な差なのか!」と読んでいてこちらが驚くほどでした。

内容が実に示唆に富んでおり、しかも、スポーツ選手などの具体事例も豊富に紹介されているので、とても説得力高く説明されていて、実にうなづくしかない「検証」なのです。

著者のアンジェラ・ダックワースは、女性で、アジア系で、なおかつ二児の母親でもある、まさに欧米社会においては、ダイバーシティ(多様性)を代表するような人物です。

その独自の視点から、子供を育てる場合の指標にもなりえる「やり抜く力 GRIT(グリット)」の研究報告を行うスタンスは、精緻・正確でありつつ、実用的な視点も備えた素晴らしい提言になっていると思います。

とくに読み進めていると、このアンジェラ・ダックワースの師匠と言うべき教授が、ロバート・セリグマンであることを知り、僕としては、より一層、興味深い書籍となりました。

ロバート・セリグマンは「ポジティブ心理学」の提唱者であり、ネガティブな考え方で物事に取り組むより、ポジティブな考え方で取り組む方が成果を出しやすいということを、さまざまなスポーツの場面や、プロ選手へのインタビュー・アンケートで実証してきた方です。

僕は、2013年に購入して読了しているのですが、ロバート・セリグマンの以下の書籍は、僕にかなり大きな影響を与えています。素晴らしい書籍でした。
人生の成功を左右する、重要な力は「才能」ではなく「やり抜く力 GRIT(グリット)」なのだ、ということ。誰にとっても「努力」こそが最重要ってことだ。_e0279055_00593730.jpg

僕が読んだのは、この文庫版ですが、僕が読んだすぐ後に「新装版」というのが出ているのですね。いろいろ追加事項もあるのかも知れません。新装版は未読なのでなんとも言えませんが、読むなら新装版の方が良いかもしれません。
人生の成功を左右する、重要な力は「才能」ではなく「やり抜く力 GRIT(グリット)」なのだ、ということ。誰にとっても「努力」こそが最重要ってことだ。_e0279055_01030380.jpg

アンジェラ・ダックワースの「やり抜く力」も、ロバート・セリグマンの「オプティミストはなぜ成功するか」と同じように、スポーツ選手に科学的なアプローチをして、肉体などの物理的な特徴ではなく、頭の中で何を考えながら努力しているのか? を解き明かす手法で、その関係性が実に面白いのです。

考え方ひとつで、行動が変わる。

その行動を、どう続けるのか? で、これまた結果がものすごく大きく違ってくるわけです。

いくら才能があっても、努力して継続して磨いていかなければ「伸びる」ということはありません。

そのあたりまえの話を豊富な実例と科学的な調査と検証で実にわかりやすく伝えてくれる名著だと思います。
この本は、本当にかなーりおすすめなので、ぜひ読んでみてほしいと思いました。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-23 12:00 | 読書日記 | Comments(0)

デストロイヤーという恐ろし気な名前と姿をしたジャガイモでポタージュスープを作りました。

2022年 07月 17日
デストロイヤーという恐ろし気な名前と姿をしたジャガイモでポタージュスープを作りました。_e0279055_01132870.jpg
我が家には、敷地の横に畑がありまして、これをうちの奥さんがコツコツと何か植えては育ててるんですね。
で、今年はジャガイモをいろいろ植えたみたいで、その中に「デストロイヤー」という名前の最近できた種類のものがあるんです。
サツマイモとジャガイモの掛け合わせらしくて、上の写真のように、見た目は本当にサツマイモジャガイモという感じなんですね。

味もサツマイモの特徴が少し入っていてほのかな甘みがあります。
また、しっかりとゆでればホクホクした感じになるので、カレーとかにも入れるとあうんじゃないですかね。
デストロイヤーの紹介記事にもカレーや肉じゃがのような煮込み料理に合うと書いてありました。

で。

いろいろジャガイモを植えたので、いまうちの家はちょっとジャガイモだらけになっていて、なんとか処分していかないとやばいという話になっているんです。
でも昨日は朝、昼ともに食事が少し遅くなった上に、出かけて帰ってきた後にいただきもののケーキやら冷蔵庫に残っていたプリンとかを食べたので、どうにもお腹がすかない。

そこで、「ジャガイモもあるし、ポタージュスープでもすすってねてしまおう」という話になりまして、急遽デストロイヤーを取り出してきて、ポタージュスープを作ったのであります。(ちなみに私が作ったのですよ。)

デストロイヤーという恐ろし気な名前と姿をしたジャガイモでポタージュスープを作りました。_e0279055_01161825.jpg
あまり洗い物をたくさん作りたくもなかったので、ミキサーまでは使わずに、鍋の中で木ベラで押しつぶすだけでの仕上げ。逆にこの方が舌ざわりに変化が出て楽しい味になります。

うちの奥さんいわく、「今年は何種類か植えたけど、デストロイヤーは手間もかからずたくさん取れた。一番育てやすかったとは思う」と言っていたので、かなり育てやすいんでしょうね。

味の方も粉吹きいもにしてみたり、このポタージュを作ってみたりした感じではホクホク感が出るまで煮るのに、少し時間はかかりますが、(きたあかりとかが10分だとすると、デストロイヤーは15分くらい) ほんの少し粘り気のあるホクホク感で、甘味もあっておいしいイモだと思います。
まだあまりポピュラーな品種じゃないのかも、ですが、僕はけっこう気に入りました。

ちなみに、「デストロイヤー」という名前は覆面レスラーの「デストロイヤー」さんから取ってるようですね。皮が黒いところと紫のところがあって、それが覆面のように見えるから、らしいです。

いやー、個性的なイモやなぁ。
おもろい。

ということで、今日のお話はここまで。
ではでは。

(追記)----------------------------------------

えーっと。「デストロイヤー」と聞いて何を思い浮かべるか?が世代でかなり違うんじゃないか? とふと思いまして。

で、ちょっと調べてみたんですけど、この単語、世代で思い出すものがかなり変わりそうです。

まず、けっこう年齢が高い方は、

●ザ・デストロイヤー(プロレスラー:故人)TV出演は1973ー1979くらい

ですね。若い方には分からないかも。調べてください。
その次に有名なのが「スターデストロイヤー」。
これは

●スターウォーズ(スターデストロイヤー) 1977年

ですね。ファーストシーンで画面上部で三角形の宇宙船が延々と映し出されますけど、あの宇宙船が「スターデストロイヤー」です。
まぁ、このあたりは、ちょっとマニアックかもしれない。

その次は、

●ゴジラ vs デストロイヤー 1995年

ですかねぇ。ゴジラが戦った相手。僕はこの映画は未見なので何も言えない。
まぁ、あまり見たいとは思わなかった映画ですね。

ここからドンと時代が空いて、近年だと、

●テラリア(世界的ヒットゲーム)のボスキャラ「デストロイヤー」2011年

ですかねぇ。これはもう僕はゲームの存在からまったく知りませんでした。しかもボスキャラなので、さほど有名ではないでしょうね。

しかし、たぶん、今後は「デストロイヤー」と言ったらジャガイモということになるんじゃないかな。
メークインとか、「きたあかり」とかとおんなじ感じで知られていくでしょう。

ということで、ではでは。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-17 12:00 | 生活 | Comments(0)

「のうだま1 やる気の秘密」という、やる気をだすためのテクニックと、継続するための科学的な方法論について書かれている本を読みました。

2022年 07月 15日
最近、少し「やる気」というものと自分自身の「無意識」との関係に興味が出ているのです。
それは、メルマガを毎日発行しているのですが、そのことと、無関係ではありません。

毎日書いていると、マンネリになって面白くなくなってくる半面、書くこと自体はそれほど苦痛ではなくなってくるという部分も出てきます。

では、それは毎日、心から面白がってやっているのだろうか? 書いている内容は、本当に自分の本心をキチンと反映しているのだろうか? というようなところが気になってきているんですね。

それで「無意識とやる気」について書いてあるような本を、少し図書館で漁ってきたのです。

今日はその中でも大ヒットしたメジャーな本である、

「のうだま1 やる気の秘密」という、やる気をだすためのテクニックと、継続するための科学的な方法論について書かれている本を読みました。_e0279055_01472090.jpg


をご紹介します。

上記は2016年に発刊された文庫版で、しかも「1」という番号がついているように、続編の「2」も存在しているわけです。
しかし、僕が読んだのは 2008年12月10日 に発刊された単行本版です。

内容としては、やる気がどうしたら出るのか、そのメカニズムを、脳科学的にとらえ、脳球という意味で「のうだま」というタイトルになっているようです。この「のうだま」は実は脳の中でも「やる気」をつかさどっていると考えられている「淡蒼球(たんそうきゅう)」の意味でもあります。

でもね。
たぶん、このタイトルには「脳をだましてヤル気を出そう」という意味合いも含まれているだろうなと思われます。そういう「お手軽さイメージ」があるから、この本は売れたんだろうなとは思います。

長年書店で表紙だけは見たことがあったので、なじみ深い表紙なのですが、読むのははじめてです。

著者の上大岡トメさんという方は、イラストレーターで、共著者の脳研究者である池谷裕二さんから、脳の仕組みとやる気をだすための科学的なアプローチを聞いて、マンガ形式でまとめられました。マンガとして読めるので実に読みやすいです。

池谷裕二さんと言えば、昔に「海馬」という大ヒット書籍も出されていますし、僕自身も池谷さんの



●だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法 単行本 – 2001/12/1
https://amzn.to/3uJlINN

という書籍を、僕が読んだ文具関連書籍紹介資料である「メモ、ノート、手帳を使いこなすための Stationery Book 42」の中の一冊として勧めています。

勉強をするにしても、やる気を出すにしても、脳の構造や特性から「やり方」を決めていくと、効率がかなり良くなっていきます。
そういう思いがあったので、読んでみた、ということなのですね。

やる気は出るけれど、それが続かない、三日坊主で終わってしまうということが悩みの人はかなりおられます。
それは「飽き」が来たということで、これは脳の仕組みとしては「馴化」という環境適応の本性なのであって当然のことなのですね。

そして、この本によれば、「馴化」は、「飽きてしまったからやめる」というネガティブな発現の仕方と、「飽きてしまったから習慣として続ける」というポジティブな発現のさせ方があって、ここをうまくコントロールしてやれば、「飽きずに続ける」ということでできる、としています。

それで、「どうせ飽きると知っているのだから、先に飽きた時の対策を設定しておこう」という提案をされているのですね。
淡蒼球は無意識領域の部位なので、直接刺激を与えることはできませんが、淡蒼球につながる他の部位を刺激することで「やる気」が落ちてきた時に追加エネルギーを与えることができるのですね。

その方法は大きく4つ。

[B] Body(体を動かす)      →脳の運動野を刺激する
[R] Reward(ごほうびを与える)  →テグメンタを刺激する
[E] Experience(いつもと違う事をする) →海馬を刺激する
[I] Ideomotor (なりきる)     →前頭葉を刺激する

これが、脳のやる気を出させる「スイッチ」の役目を果たし、たとえば「20日くらいは継続して習慣化したいな」という場合の途中脱落を防ぐ手段として最初から組み込んでおけば良いとされているのです。

では、その具体的な刺激の仕方はどのようなものが良いのか? という事で、この書籍では、

1.最初の目標は小さくする
2.腹八分でやめる
3.ごほうびを用意する
4.同じ時間にやる
5.カタチから入る
6.図々しい妄想をする
7.友達をまきこむ
8.ほめてくれる人を用意する
9.続かなくてあたりまえの思う
10.身銭を切る
11.いまやっている習慣にドッキング
12.人前でやってみる
13.気が乗らなくても、その場所に行く
14.移動中にやる。
15.誰かを喜ばせるためにやる。
16.はじめのキモチを思い出す。

と、16個も提案してくれていて、すぐに応用、活用ができる形になっているのがなかなか良い書籍だなと思わせる点です。

そして、これだけで、おそらくこの本のすべてを語りつくしていると思います。

ということで、本日の書籍紹介はここまで。
ではまた明日。
継続していくぞー。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-15 12:00 | 読書日記 | Comments(0)

ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。

2022年 07月 10日
ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_00235347.jpg
このブログでは、何度も登場しているツイストノートメモサイズ(ツイストリングノートメモサイズ)ですが、このメモ用紙の整理に、かなり有用かつ便利に使わせてもらっているのが、今日ご紹介する「ポストイットアプリ」なのですよ。

アプリの概略を説明すると、ポストイットにメモした内容をスマホやタブレットなどで撮影すると、そのままデジタル化されたポストイットになって、スマホ・タブレット上で整列・グルーピング・手書き文字のテキスト化などが行え、その整理された情報を、パワポやExcel、PDF、ネットサービスのTrelloなどにデータ変換して出力できる、というものです。

android版とiPhone版とが出ているようです。

iPhone版
android版
あ、スマホ・タブレット上でペンなどで書いた手書きメモも同様に扱えます。(僕はスマホでしか使ってないので、あまり手書きで書ける文字数が少なくてスマホでの手書きは、ほとんど利用しておらず、よく分かりませんが、タブレットならけっこう便利かもしれません。)

手書きで書いた文字をテキストに変換する機能もあります。そういうことがしたい方にはかなり便利かもしれません(ただ、漢字の認識は、あまり精度は高くないように思います。また丸で囲んだり、下線などを引くと、誤認識は一気に上がります。このあたりは、仕方ないかもしれません。)

で、これが、基本は「ポストイット」対応の製品なのでポストイット専用のアプリなわけですけれど、ごく普通に、いろいろなメモ用紙に書かれた文字列なども、そのままこのアプリで使えるんですね。

なので、僕はいつも使っている「ツイストノートメモサイズ」で最大限に活用させてもらってます。

使い方は本当に簡単で、紙のメモを数枚、このポストイットアプリで撮影するだけなんですね。たとえば、こんな風に、複数メモをパシャリと撮影すると、
ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_01104683.jpg


複数のメモをすべて「別のポストイット」と認識して、別々の画像として切り出した上で、個別のポストイットを、独立単位として取り込んでくれるのです。
そして、個別メモが、こんな形でスマホに取り込まれ、あたかも現実のポストイットがスマホの中に入り込んだかのように取り扱えるわけです。
ポストイット一枚ごとに、拡大縮小、位置移動、グルーピングの変更が自由に行えるようになります。


ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_01122528.png

こういう複数のポストイットのメモの束に名前をつけてグルーピングすることで、スマホの中に、「メモの束」を、複数保管できるわけです。
スマホの中に、ポストイットのかたまりがいくつもできるわけです。複数のグループをひとまとめにして、ひとつのグループとして扱うこともできるので、整理分類にやくだちますし、個別のグループはポストイットの集まり具合が位置情報まで含めてサムネイルで表示されているので、とてもわかりやすいのです。

このポストイットの分類・整理機能だけでも、かなり便利です。

ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_01163345.png

この複数のグループを開くと、画面は最初に見たように個別のポストイットを一枚、あるいは、グループ単位で自由な位置、大きさ、レイアウトで配置することができます。
KJ法やマインドマップなどの、情報の階層化をベースにした発想法やのーティングをやったことがある人なら、「これは便利だ!」と思うのではないでしょうか。
個人的にはマインドマップアプリと同等レベルの快適さを感じています。


ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_01190561.png


カードを使った発想法や情報整理のやり方は、「似たような内容のカードを近くに置いておく」というやり方が基本操作なので、実はカードの位置情報こそが大切な付加情報だったりします。とりあえずの分類整理は、「関係ないものは位置を遠ざける」「関係のあるものは近づける、あるいはグループとしてまとめる」ですから、そういうカードを使った分類作業がスマホ一台でいつでもできるのはなかなかすぐれものです。

とくに、ポストイット単体同士の関係性を示す「位置情報」は、そもそも現実の空間では、保存すること自体が難しいわけです。
テーブルの上であるにしろ、ホワイトボード上であるにしろ、あるいは和室の畳の上に広げて置いてあったとしても、ポストイットやカードが、その空間を占拠してしまうわけです。ほかのことができなくなってしまう。

そのやたら空間ばかり必要になる「位置情報」を「スマホの中に保存」できるというのは、これはかなり画期的なんです。

まえに紹介した「ポストイットの逆貼り」は、ポストイットをグルーピングして移動させたりするには便利なのですが、この「位置情報」までは取り扱えないんですね。
でも、このアプリなら、それができるわけです。

言わば、大きな部屋や、ホワイトボードなどにレイアウトした、たくさんのポストイットを、ホワイトボードに貼り付けたまま持ち歩くような感覚です。
これだけでも、画期的に便利なんですね。

しかし、僕がこのアプリでとても助かるなぁと思うのは、この分類整理された情報を、パワポ、Excel、PDF、Trelloなどの形式で保存ができる、ということなのです。

僕的にはこれがかなりお気に入りなんですね。
僕が一番良く使うのはパワポ形式なので、パワポで説明しますが、上記のファイル単位でエクスポートメニューを開くと、形式に応じたフォーマットの変換ができ、これを、DropBoxなどのネットストレージに保存することができるわけです。

僕はネットなどで各種の講座などをよく受講するのですが、そういうオンライン講座や動画講座などは、手書きでのメモ取りが必須です。youtubeを見て何かを学ぶ場合も、メモ取りは必須になるのではないでしょうか?

ノートにメモを取って行っても良いのですが、動画内容によってはメモを取りたくなる内容かどうかは見終わるまで分からないので、とりあえず小さなメモで必要なところだけをメモしていって、後から読み直ししやすい形にまとめる方が使いやすいんですね。

そういう事情もあって、最近ではノートを取るのも「ツイストノートメモサイズ」で取ることが多くなってきたので、(カードを使ったメモ取りは、どんどんカードを追加するだけでページ数などを気にせずメモできて便利なのです。)この「ツイストノートでのメモ」をパワポデータ化するのに良く使っているのです。

複数メモをパワポ化して、保存すると、パワポ上でメモを本当に自在に編集できるので、

●大事な情報は大きく拡大
●補足的な情報は少し小さくレイアウト

する、というようなことも可能です。

これがパワポ上に取り込まれたデータの様子。
ツイストノートメモサイズの整理に、「ポストイットアプリ」を使っています。_e0279055_02013063.jpg

このパワポデータは、たとえば、B5サイズなど、自分が普段使っているサイズのノートにプリントアウトして、ノートにバインドして読み直しが気楽にやれるんですね。これがうれしい。

というのも、パワポ内の画像データは、拡大縮小も自由自在なので、元のメモより、少し小さ目にプリントアウトすることもできて、1ページの情報集約率もかなり高くなって、後で再読する時にけっこう快適なんです。
この部分もかなりお気に入りです。

ということで、この「ポストイットアプリ」は、僕にとってはかなり利便性の高いアプリで、かなり気にっております。

他にもまだいろいろノウハウはあるのですが、それはまたいずれ。(このページの更新の形になるかも知れません。)
ともかくツイストノートメモサイズ(とくに僕が独自に使っている無地タイプ)と、このポストイットアプリは、かなり相性が良いように思っております。

気になる方はお試しになってみてはいかがでしょう?
ではでは。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-10 12:00 | ツイストノートメモサイズ | Comments(0)

ツイストノートメモの整理は、和室にリーフを広げてやると便利でした。

2022年 07月 08日
ツイストノートメモの整理は、和室にリーフを広げてやると便利でした。_e0279055_12210325.jpg
ツイストリングノートメモ。最近ではツイストノートメモと呼称されることが増えてますが。
無地のリーフを自作するようになって、メモを取る枚数も機会も増えてきました。

とりあえず、いろいろ整理したかったので、バインダーとしてツイストノートメモをたくさん買ったりしたんですが、いろいろな用途で使っていると、分類の科目も増えて、整理が追い付かなくなってきました。バインダーばっかり増えてしょうがない。
ツイストノートメモの整理は、和室にリーフを広げてやると便利でした。_e0279055_12390921.jpg

その数あるバインダーの中でも、日常的に良く使っているのは、

●ToDoブック
●アイディア・メモ
●ノート

の三種類。テーマごとに三冊のツイストノートメモサイズを併用してるのです。
この三冊に関してはhirakunoシリーズを三冊買って、多くの枚数をバインドできるようにしています。hirakunoシリーズは保管枚数が多いのが良いです。
持ち歩くのはToDo。これにはメモなども書き込みますが、それはあとで外して、どこかに仮置きするか「アイディア・メモ」のところにバインドするか、です。
「ノート」はこれ一冊で独立していて、何か複雑なことをメモしたり文章を書いたりなどに専用の一冊にしています。

ただ、それでも、分類のしようのないものとか、読書した時の読書ノート、Youtubeなどで情報を得た時のメモ・ノートなど、数枚程度で1単位をなすようなメモ・ノートも多々出てきてるので、そういうものはゼムクリップなどでまとめて、Boxなどに保管しようと考えてます。(本当は、ポストイットアプリでノートデータ化してるのがけっこう多いんですけど、解説すると長くなるので、またの機会に。)
ツイストノートメモの整理は、和室にリーフを広げてやると便利でした。_e0279055_12432994.jpg
で、いろいろと雑多なメモも増えてきたので、大小さまざま手元にあるリーフもバインダーも全部を自宅の和室六畳に持って行って、ドーンと広げて分類整理を行いました。
最近思うのですが、こういう雑多なメモの整理には、かなりの広さが必要になります。
それをいちいち机の上でやろうと思うと、机の上をかなり片づけないといけない。
我が家は和室に布団を敷いて寝ているので、平日の昼間とかは広い空間がそのまま使えるわけです。
なので、こういう分類の項目数が多い紙情報を分類整理にはなかなか便利だと思います。

ということで、とりあえずは、分類整理の方法のご紹介でした。

前に書いた「ホワイトボード」との連携はどうするの? とかいろいろあると思いますが、とりあえずは、和室で整理するのは「考える工程」が必要ない情報、ホワイトボードでの整理は「継続して企画を練る」などの「考える工程」が必要な場合に使っています。

ま、どっちにしろ広い空間が必要だ、ってことですね。

ま、とりあえずそんなことで。
ではではまた。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-08 12:49 | ツイストノートメモサイズ | Comments(0)