人気ブログランキング | 話題のタグを見る


言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

これを知らずに、 メモもノートも使えない。基礎知識を完全集約。
_e0279055_00463145.jpg

毎日メルマガやってます。
_e0279055_00320587.jpg
いますぐ登録! 上↑のアイコンをクリックしてください!

HP/SNS
_e0279055_01262538.png _e0279055_01303666.png _e0279055_01563047.png



当ブログ記事をジャンル別に紹介
_e0279055_00194065.jpg

記事ランキング

最新の記事

参議院選挙がはじまっています..
at 2022-06-27 16:48
ガレージに置く「時計」の条件..
at 2022-06-21 12:00
【みんな大好き「お金の話」】..
at 2022-06-20 00:23
読書は読後の「行動」とセット..
at 2022-06-07 12:45
そろそろ暑くなってきました。..
at 2022-05-31 12:00

タグ

カテゴリ

全体
【紙の情報整理・基本のキ】
ツイストノートメモサイズ
みんな大好き「お金の話」
【一部屋まるごとDIY】
文具・ツール
ブラインドタッチ
生活
文章の書き方
マーケティング
読書日記
メルマガ:KID'S SIGNAL
パンフレット基礎講座
映画・エンタメ
学習
DIY
ブレン
無地のノート
SARASA NANO
生活・豆知識
文具関連名著42
社会
未分類

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
more...

検索

その他のジャンル

ダイソーの「やれたこと記録ノート」がなかなか面白いです。

2022年 05月 30日

仕事でイラっと来るのは、メモ・手帳の使いこなしを知らないからじゃないですか?
[詳細はこちらをクリック]
メモ・ノート・手帳を使いこなすための名著42冊を紹介中!

ダイソーの「やれたこと記録ノート」がなかなか面白いです。_e0279055_14091961.jpg
今日は最近発見した、新しい「ノート」についてお知らせしたいと思います。

その名も「やれたこと記録ノート」というものなんですが、百円ショップのダイソーさんオリジナルのノートなんです。
このノート、どうもダイソーさんの、この春の新作のようで、ネット検索しても、あまり話題になってないんですね。


もともと、ダイソーさんに行くときは、ノートのコーナーをちょろちょろ見るのがけっこう好きなんですね。
というのも、ダイソーさんのノートシリーズには、ときおりけっこう変わったフォーマットのノートがあるんですよ。

前にマンダラフォーマットのノートもありましたからねぇ。
(マンダラフォーマットというのは、3×3の9マスのフォーマットで、中心マスにテーマを書き、周りの8マスに細目を書き込んで行くというもの。書いていて、とても楽しいのですが、実用性は低いと思います。)

まぁ、あまり役に立たないフォーマットが多いなぁとも思うんですが、なかなか楽しいのです。

で、「やれたこと記録ノート」というのは、いわば「日記」なんですけど、書く項目が、

●予定・できごと
●新しくやれたこと
●日課・習慣でやれたこと

の三項目になっているんですね。

この三項目の設定の仕方がなかなか面白いなぁと思うのです。

僕は前々から手帳には、予定を書くより、日記を書いた方が良いということを書いてたんです。
でまぁ、その「書くべき項目」にまでは言及していなかったし、僕自身あまり意識もしてなかったんですね。
でも、上記の三点に絞って書いてみると、なかなか良い感じだなぁと感じてます。

というのは、何か新しい「習慣」を身に着けるのには、効果的だと思うからです。

このメルマガも、毎日発行に変えて、ちょうど半年になるんですが、続けてみてはじめて分かることもありますし、継続するというのは、単発でやってみただけ、というのとは全然違うことですしね。

だから、その「行動記録」を「新しくやれたこと」と「日課・習慣でやれたこと」に分けて記録していくというのは面白いなぁと感じたのです。
なんせ、日課や習慣になっていることって、実は日記にはあまり書かないからなんです。
だから、そこに注目して、何か意義深い「習慣」を見つけて行ったり、あるいは感じ取ったりするというのは、新しい発見があるかもしれないぞ、と思ったわけです。

果たしてこの「やれたこと記録ノート」が新しい「習慣」になるかどうかは分かりませんが、面白い視点だなぁと思ってます。

あ、ちなみに項目名確認のために「やれたこと記録ノート」は一冊だけ購入しましたが、いつも使っているノートに、その項目を書き込む欄を増やしただけなので、ノート自体はまったく使っておりません。(^▽^)/

ま、何か新しい発見があったら、またご報告します。

ではでは。


毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-05-30 12:00 | 文具・ツール

「手帳用カバン」が便利すぎるので、もうひとつ「お財布用カバン」も作って、ずっと使い続けております。

2022年 05月 19日

仕事でイラっと来るのは、メモ・手帳の使いこなしを知らないからじゃないですか?
[詳細はこちらをクリック]
メモ・ノート・手帳を使いこなすための名著42冊を紹介中!

「手帳用カバン」が便利すぎるので、もうひとつ「お財布用カバン」も作って、ずっと使い続けております。_e0279055_14031793.jpg
以前紹介した、「手帳用のカバン」
この記事、けっこうずっと、細く長くアクセスがある記事なんですよ。


で、その後どうなったか? ということをちょっとご報告させていただきましょう。

「手帳とノート・書籍用のカバン」は、ずっと使っております。
が、これがもう、本当に便利でして、いまだにまったく手放せない状態です。

特に、横につけてもらったポケットが「筆箱」代わりになりまして、本当に手放せないものになっています。
僕は奥さんに作ってもらったんですけど、この「使っているノートに合わせたサイズの小さな『ノート専用カバン』」というのは超絶便利だと思う。
いろいろなサイズで販売したらいいのになぁ。どこかのメーカーが作りませんかね。

基本的にバッグインバッグなので、大きなカバンの中を整理するためのものとも言えるのですが、いろいろと僕自身の要望もあったので、うちの奥さんに細かい点をああでもない、こうでもないと「いちゃもん」をつけて何度か作り直してもらったので、気になる点が解消されていて、本当にたまらなく便利なのです。

あまりに便利なので、その「いちゃもんをつけて作り直してもらった」試作のカバンを、ノート用ではなく、財布用に流用しておりまして、これがまたすごく便利。
いまや、この小さなカバンを、大きなカバンの中に2つ並べて突っ込んでいる、という状態なのです。

基本的に田舎暮らしになって、車生活になったわけですけど、買い物に出かけた時など、ショッピングセンターに入る時は、この「財布用カバン」だけ出して買い物することも良くあります。この「財布カバン」の横ポケットに、レジ袋を折りたたんで、いつも入れてあるので、いつでもエコバッグ代わりに取り出せ、これだけでも快適に買い物ができるのです。

どうですかみなさん。
手帳用、あるいは財布用の「小さなカバン」。
作ってみるとかなり便利ですよ。

おすすめです。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-05-19 12:00 | 文具・ツール

パソコン、ネットを学ぶより先に、この本を読め。

2022年 05月 18日

仕事でイラっと来るのは、メモ・手帳の使いこなしを知らないからじゃないですか?
[詳細はこちらをクリック]
メモ・ノート・手帳を使いこなすための名著42冊を紹介中!

パソコン、ネットを学ぶより先に、この本を読め。_e0279055_10392928.jpg


●ともかく、この本を読まないと「情報活用」の学習は始まらない。

(以下、1999年に書いた文章です。そのことを念頭にお読みください。ま、いまの状況でも十分通用すると思いますが。)

ノートや手帳など、文具関連のページをやる限りは、とにかくこの「知的生産の技術」だけは、 どうあっても紹介しなくちゃ始まらないと思っていたのですが、ついあまりに基本的な書籍なので、 先のばしにしてました。 でも、リフィルの使い方ひとつ説明するにしたって、僕のつたない説明を読むより、 この本を読んだほうが早いということは山のようにあるので、 とにかもかくにも、まず紹介します。

今回紹介するにあたって、あらためて拾い読みし直してみたのですが、うーむ30年前に書かれたというのに、 基本の基本の部分では、なにも古くなっていないのが驚異であります。 このあたり、目次内容を紹介しておきますので参照してみてください。

いやもちろん、この三十年の間にワープロとかパソコンとかがあたりまえになって、 時代にそぐわなくなっている部分もあるにはあるんですが、 たとえば普通の人が「手書き」→「パソコン(ワープロ)」と、一足飛びにアナログからデジタルに移行しているのに、 この本の著者の梅棹氏はその中間にあたる「カナ(ひらかな)タイプライター」の時代とか過程を踏んでいる というところがこの本のすごいところです。独自の試みというのは、いつの時代になっても独自性を保っているし、 その独自性というのは、こうして時代が変わった時に、 先達の試みとしてとても示唆にあふれたものになるという代表のようなものです。

●カードの使い方は、まずこの本で学んでください。

とりあえずどうしても読んでいただきたいのは、「カードの使い方」についてですね。 一冊に綴じたノートからはじまって、ルーズリーフノートへのステップアップ、 つづいてカードへの進化と順を追って、自分の体験をベースに書かれているので、 カードというものの使い方の本質がとても良くわかるようになっています。

いわく、

●カードは片面利用。両面は使わない。
●一カード一項目
●サイズは大きいものを
●「くる」ことの大切さ
●分類が目的ではない

などなど、とにかくこの部分をわかってないと、カードなんて使えないよという、 基本の基本が書かれてます。世に知的生産、あるいは情報管理に関する書物はいろいろありますが、 多くの書籍が、この「知的生産の技術」を読んでいることを前提にしている、ということは、 頭に置いておいて良いと思うのです。

ひっくり返して言うと、この書籍を読んでいることを前提としていない情報関連の書籍は、 どうにもこうにも底が浅い、という気がしてなりませんな。 ま、これは個人的感想でしかないのかもしれませんが。

●パソコンと関わるということは、情報と関わるということ。

で、多くの人に言いたいのは、「パソコンの学習するより先に、この本を読んどけ!」ってことですね。 この書籍では、まだ「個人が使うコンピュータ」なんて概念すらなかった時に、紙の上での情報整理ということを、 それこそ四苦八苦しつつ研究されておられるわけです。パソコンと関わるということは、情報と関わるということであって、 機械の操作を覚えたり、新技術を面白がったりすることとはちょっと違う。(「ちょっと」というところが大事なのですが。)

世間の流行でパソコン買って、それで結局使わなくなって「ホコリかぶっちゃって」と言ってる人ってのは、 十中八九、この「情報との関わり方」という基本的態度が出来ていないことがほとんどなんですね。 よく一般に「パソコンが使えないのはパソコンの出来が悪いからだ」とか言う人がいてるけどさ、 使えてる人もいてるんだから、それは個人の「使いこなし能力」の差なのよ、これはハッキリと。

「使いこなし能力」というのが言い過ぎなら、「使う必然性の違い」と言い換えてもいいや。 トンカチがあって、釘が打てる人と打てない人がいたら、それは個人の能力差でしょう。やっぱし。 道具の出来不出来の差なんてほんとにわずかだと思うよ、それは。

ということなので、「パソコンちゅうのは難しいわ」と思う人がいたら、まず、この本を読んでください。 そんで、情報と関わるということが、自分の生活とか仕事とかとどうつながりがあって、 情報整理することのメリットみたいなことが何であるのかの、いちばん基本の基本を知って欲しいと思う。 で、この本を読んで、「そんなしちめんどうで生真面目なことができるかい!」っつー人は、 パソコンとかに近づかない生き方を考えた方がいいと思う。で、実際パソコンなんかに近づかなくたって、 人は充分に生きていけると思うし。

●余談:クンニトウズイホウショウ、おめでとうございます。

話しはちょっと変わるんですけど、この本の著者の梅棹さんは、今年1999年の文化勲章を、 受けられておられます。この方の業績を考えれば当然とも言えるんですが、でも、どうでもいいけど、 この勲章の名前ってどうにかならんのでしょうかねぇ。いったい梅棹さんの何がすごくて、 何に対して顕彰されたのかというのがじぇんじぇんわからん。 そのあたりが不満ですなぁ。

どうせ税金使って勲章作るんなら、「勲章を出す意味」ってのを考えて欲しいのですよね。 とくに梅棹さんのようにさまざまな分野でさまざまなことをされてる方の場合は特別そういうことが大事だと思う。 たとえば梅棹さんなら、「民俗学・知的創造性顕彰」とかさ、何か考えろってのよ、国も。 この人の何がどうすばらしいのかがわかる勲章にしてもらわないと、国民の側に何も伝わらないじゃないのって思うんですが、 いかがなものざんしょ?

1999/11/13 20:28


●目次内容

■知的生産の技術 梅棹忠夫著

=目次=

まえがき

はじめに

学校は教えすぎる/やりかたはおしえない/技術の不足と研究能力/技術ぎ
らい/知的生産とは/情報産業の時代/生活の技術として/現代人の実践的素
養/物質的条件の変化/個人の知的武装/この本のねがい

1 発見の手帳

ダ・ヴィンチの手帳/わかき「天才」たち/発見の手帳/文章でかく/有効な
素材蓄積法/発見をとらえる/手帳の構造/一ページ一項目/索引をつくる

2 ノートからカードへ

直輸入の伝統/天皇のノート/ノートの進化/ノートからカードへ/野帳/野
外調査法とカード/現地でカードをつくる/共同研究/京大型カード

3 カードとそのつかいかた

カードのおおきさ/紙質と印刷/もってあるく/わすれるためにかく/一枚一
項目/分類が目的ではない/歴史の現在化/有限への恐怖/カードへの批判

4 きりぬきと規格化

はじめてのきりぬき/スクラップ・ブック/台紙にはる/しわけ棚からオープ
ンファイルへ/資料を規格化する/先輩のおしえ/むつかしい写真整理/市
販品と規格化/規格品ぎらい

5 整理と事務

本居宣長の話/整理と整頓/おき場所の体系化/整理法の模索史/パーキンス
先生のこと/垂直式ファイリング/分類項目をどうするか/キャビネット・フ
ァイル/家庭の事務革命/空間の配置を決める/事務近代化と機械化/秩序と
しずけさ

6 読書

よむ技術/よむこととたべること/本ずきのよみべた/「よんだ」と「みた」/
確認記録と読書カード/読書の履歴書/一気によむ/傍線をひく/読書ノート
/本は二どよむ/本は二重によむ/創造的読書/引用について

7 ペンからタイプライターへ

日本語を「かく」/筆墨評論/鉛筆から万年筆へ/かき文字の美学と倫理学/
タイプライターのつかいはじめ/手がきをはなれて/ローマ字論の伝統/こと
ばえらびとわかちがき/文字革命のこころみ/きえた新字論/ローマ字からカ
ナモジへ/カナモジ論の系譜/カナモジ・タイプライター/カナモジへの抵抗
/ひらかなだけでかく/ひらかなタイプライター/改良すべき問題点

8 手紙

情報交換の技術/手紙形式の収れんと放散/形式の崩壊/手紙ぎらい/形式再
建のために/あたらしい技法の開発/タイプライターがきの手紙/まちがいな
くきれいに/手紙のコピー/住所録は成長する/アドレスカード

9 日記と記録

自分という他人との文通/魂の記録と経験の記録/自分のための業務報告/バ
ラ紙にかく日記/日記をかんがえなおす/日記と記録のあいだ/記憶せずに記
録する/メモるしつけ/野帳の日常化/カードにかく日記/個人文書館

10 原稿

他人のためにかく/訓練の欠如/印刷工事の設計図/出版・印刷関係者の責
任/ルールは確立しているか/原稿は原稿用紙にかく/原稿用紙/原稿から印
刷へ/わかちがきと原稿/印刷技術をかえる/清書はいらない/かならずコピー
する

11 文章

失文症/行動家の文章ぎらい/才能より訓練/かんがえをまとめる/こざね法
/ばらばらの資料をつなげる/発想の体系的技術/みじかくわりやすく/用
字・用語の常識/日本語は非論理的か/文章技術の両極/国語教育の問題

12 おわりに

技術の体系化をめざして/情報時代のあたらしい教育



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-05-18 10:51 | 文具関連名著42

「1m程度の段差を上り下りするための簡単な階段を作る」というのをやっていきます。

2022年 05月 12日

仕事でイラっと来るのは、メモ・手帳の使いこなしを知らないからじゃないですか?
[詳細はこちらをクリック]
メモ・ノート・手帳を使いこなすための名著42冊を紹介中!

「1m程度の段差を上り下りするための簡単な階段を作る」というのをやっていきます。_e0279055_01001402.jpg

この連休はいろいろDIYをやってたのですが、自分的に「おー、進歩したなぁ」と思ったのは、まえまえから懸案だった「畑・ガレージへ上がるための階段」でありました。

この階段は、この山奥の家に引っ越してきた時からの課題だったのですが、そもそも家の中の作り替えが大変だったので、なかなか手が回らなかったのです。

DIYに関しては、

キッチンの壁紙の貼り替え
吊戸棚の設置
換気扇レンジフードの取り換え
部屋のドア面に壁紙を貼って模様替えする
丸ノコの練習がてらに作ったガス台の穴埋めスペーサー
●防寒のための中空ポリカで作った内窓、9か所
 ・トイレ
 ・洗面所
 ・勝手口2か所
 ・キッチン窓
 ・風呂
 ・自室窓2
 ・玄関
●キッチンの床板の貼り換え、床下収納庫
子供部屋の床板、壁紙の貼り換え、床下収納庫、内戸
(※子供部屋の改装DIYは【一部屋まるごとDIY】として、随時公開更新中です。)

と、けっこうな数をこなしてきてるのです。

なんせ寒いので、こういう基本的な生活空間の快適性の向上策を最優先するしかないわけです。
なので、この、階段制作はずっと前から計画だけはしてたのに手付かずで先延ばしになってたわけです。

僕としては階段もはやく作ってしまいたいとは思っていて、
材料を知り合いからいただいたり、その材料となる木材を洗って軽く磨いたり、階段を設置する場所を決めて、不要な植栽を伐採したりと、準備だけは合間合間にやってきてたんですね。
(僕が使ってる木材は、上記のリンクを貼ってある先を見てもらえればわかる通り、建築資材の廃材をいただいたものです。もし、ホームセンターなどで材料を調達するなら、「カフェ板」とかが良いと思います。厚みは少し薄いけど、まぁいけるでしょう。)

ただ、上記のような優先課題(子供部屋の全面改修)に取り組んでたので、実際の製作にはなかなかたどり着けなかったのであります。

この連休は、そのずっと気になっていた階段の製作にやっとたどりついたので、ここからはもう、ある程度使えるところまでは、一気にやってしまいたいと思っております。

ということで、ここでは、制作過程を随時報告しながら書いていこうと思います。

 ■階段作成過程メニュー







…続きを読む

毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-05-12 12:00 | DIY

連休はいろいろDIYしてました。屋根裏に登って、FAX線の屋内取付工事までやっちゃったよ。

2022年 05月 09日

仕事でイラっと来るのは、メモ・手帳の使いこなしを知らないからじゃないですか?
[詳細はこちらをクリック]
メモ・ノート・手帳を使いこなすための名著42冊を紹介中!

連休はいろいろDIYしてました。屋根裏に登って、FAX線の屋内取付工事までやっちゃったよ。_e0279055_00372271.jpg
この連休は、特にどこかにでかけるという予定もなく、自宅の庭と、庭の隣にある畑の間の1mほどの段差を行き来しやすくするための階段づくりと、義母宅のFAXの屋内配線をやる、という二つのDIYを、ずっとやってた感じでした。

ということで、今日は、そのうちの「義母宅のFAXの屋内配線」の話を、配線のノウハウとかを含めてシェアしてみたいと思います。

そもそも連休の最初に義母宅のFAXが不調になったというのが発端だったんです。
紆余曲折があったのですが、「これは修理も難しいだろう。新しいFAXを購入するしかない」というところに話が落ち着きました。

義母宅にあるFAXというのが、実はブラザーのコピー、FAX、プリンタの複合機でして、かれこれ10年近い昔に購入されたものだったのです。連休の一日の午後に家電店に出かけ、最新の複合機など、いろいろ検討したけれど、結局は従来機種の後継機がいいだろうという話になって、それを購入。

後継機だし、大枠、問題なく設置できるだろうと思ってたのですが、いざ開封して設置してみると、過去の機種とは基本的な仕様が違ってたんですね。
前の機種は、電話線に電話機(受話器)をつなぐと、FAXのプリンターが子機として機能する仕組み。でも、今回購入したものは、電話線にFAXのプリンター部分を接続して、子機として電話機(受話器)を好きな場所で使える、という仕組み。

つまりFAX本体と、電話の子機の扱いが逆になってたんですね。
大した問題ではないように思えますが、家の中で電話回線を取り込めるモジュラージャックの位置は一か所に固定されているのが当たり前。この親機と子機の関係がひっくり返ってしまうと、本体の置き場が逆になり、家具の置き場から何から、全部見直しをしないといけなくなってしまうのです。

そんなことは想定していなかったので、夜になってから大慌てで家具の移動をしたり置き場の工夫をしてみたりしていたのですが、僕と、うちの奥さんとでいろいろ検討した結果、

「モジュラージャックの位置を変更する、屋内配線の工事を自分たちでやってしまう」

という選択肢にたどり着いたのです。

先に書いておきますが、こういう「工事」は免許がないとやってはいけないことになってます。でも、実はうちの奥さんは電気工事士の二種免許を持ってたりするんです。
いやまぁ、実務経験ゼロのペーパー資格なんですけどもね。

ということで、その次の日に梯子にもなる折り畳み脚立など、手持ちの道具を我が家から義母宅まで運んで工事開始となりました。

自宅の屋根裏にも登ったことはあったので、屋根裏に入ることに抵抗はなかったのですが、入ってみるとけっこう暑い。各部屋の天井断熱がされていて密閉度が高いので風通しもないのです。

しかも天井断熱はグラスファイバー。これねぇ、動き回るとファイバーが飛び散って体にとりついて小さな傷が体についてけっこうひりひりと痛いのです。

そういう基本的な知識もなしに上がっているので、天井作業が不快で仕方ありません。「はやく済まそう」という気分になって、目的のコンセントのある位置の真上までをプロットして電気の線(VVFケーブル)が降りているところを発見!

「おお、あったあった! ここにFAX用の線を下ろすだけだな」と一気に盛り上がり、「とにかくタコ糸で5円玉を下ろしてみよう」となったのです。

これも先に、言っておきます。こういう場合に「タコ糸に5円玉」はダメです。こういう場合は、プロは、まず「ボールチェーン」などの鎖状のものを下ろして位置特定をするのです。
連休はいろいろDIYしてました。屋根裏に登って、FAX線の屋内取付工事までやっちゃったよ。_e0279055_00381801.jpg
ボールチェーンは、これね。

でもって、「プロはボールチェーンとかでやるよね」という知識もちゃんと持ってたんです。
でも、肝心のボールチェーンは持ってないんですよねぇ。素人だから。だから手持ちの道具で、まずやっつけ仕事をやってしまうのですね。

で、5円玉を下ろすと、コンセントのすぐそばまで糸が来ているのが分かる。カランコロンと音がするわけです。

「おお、これさえ、手繰り寄せられれば上からFAX線を下ろして、コンセントにつないでおしまいだ!」と実に気楽に考えてるわけです。実に見通しが甘い。素人ですから。

実際には五円玉の音は聞こえていても、手繰り寄せることが全然できないのです。

さあ、ここから我々素人のとんでもない勘違い作戦がどんどん進行してしまうんですね。何か固い針金のようなものを上から降ろそうか、とか、いや逆に下から針金を上げればいいじゃんとか。

どんどん手持ちの道具で、なんとかやってみようとドタバタするわけです。

でも全然うまくいかない。

そのうち、上からコンセントまでつながっている電源ケーブルを、タコ糸の代わりに引き上げてそれでなんとかしようとかしてしまう。
で、どうなったかというと、ケーブルは天井まですっぽ抜け、タコ糸は通ったけれど電源ケーブルを元に戻すことができなくなりました。

最悪!

バカなんじゃないの?

事態を悪くしてるだけじゃん!

午前中の素人チャレンジだけで疲労困憊。お昼ご飯の時間になってしまいました。
義母がおいしい食事を作ってくださって、それを食べると、ちょっと気分も変わって、

「とにかく、必要な道具を買いに行こうか」と、やっと腹ごしらえができてから気持ちが切り替わったのですね、近所のホームセンターへ出かけることになりました。

で、コンセントにとりつけるモジュラージャックだとかなんだかんだと購入。失敗続きだったから、

「どうせうまく行かないから買わないでおこうか」

と言っていた「ボールチェーン」も、とにかく最小限、4メートルくらいは買っておこうということになりました。自宅でも電気配線のやり直しをするかもだったし、そもそもボールチェーンなんて4m買っても1000円程度ですからね。

で、いろいろ材料を義母宅へ運び込んで「さぁリベンジだ!」となった時に「ダメもとで、まずボールチェーンからやってみようか。どうせ途中でひっかかっている部分があるから、うまく行かないと思うけど」とボールチェーンでの配線わたし作業にチャレンジしたわけです。

結果。

一発でOK。
ストンと簡単に、見事なくらいあっさりと、天井裏から一階のコンセントボックスまでボールチェーンを渡すことができ、それを手掛かりに、電気線やFAX線を天井裏へ通すことができたのです。

ほんとにボールチェーン、見事でした。
やっぱりね、プロですよ。プロの技。それをまず最初に真似してチャレンジしないとダメですなぁ。

おそらく、壁の隙間は途中で狭くなっていて、図のような感じだったと思うんです。
連休はいろいろDIYしてました。屋根裏に登って、FAX線の屋内取付工事までやっちゃったよ。_e0279055_00391672.jpg
こういうところは、ボールチェーンのようなものだと、自重がそれなりにあるので、水が滴り落ちるように、チェーンが自ら穴のスキマへ入っていってくれるんでしょうね。

いやー、なかなかに勉強になりました。はい。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-05-09 00:39 | DIY