人気ブログランキング | 話題のタグを見る


言葉でマーケを考える。考えるためのツール「手帳・メモ・ノート」を考える。


by kids1226

リンク

毎日メルマガやってます。
_e0279055_00320587.jpg

ブログよりもう少し突っ込んだ内容などが気になる方はぜひメルマガ登録してください。現在無料で提供中です。


手帳やメモを使いこなしたいなら、昔の「名著」が一番役立つ!本物書籍をしっかり42冊ご紹介。
_e0279055_20503044.jpg
絶対必読!「メモ・ノート・手帳を使いこなすためのStationery Book 42」発売中です!
HP/SNS
_e0279055_01262538.png _e0279055_01303666.png _e0279055_01563047.png



当ブログ記事をジャンル別に紹介
_e0279055_00194065.jpg

記事ランキング

最新の記事

リングノートの「背表紙問題」..
at 2023-01-21 12:08
「無地のノート」には、多くの..
at 2023-01-15 12:00
本棚に、できるだけ数多くの書..
at 2023-01-12 01:22
ツイストリングノートのメモサ..
at 2023-01-08 11:59
ダイソーの「お名前スタンプセ..
at 2022-11-28 17:05

タグ

カテゴリ

全体
【紙の情報整理・基本のキ】
ツイストノートメモサイズ
みんな大好き「お金の話」
【一部屋まるごとDIY】
文具・ツール
ブラインドタッチ
生活
文章の書き方
マーケティング
読書日記
メルマガ:KID'S SIGNAL
パンフレット基礎講座
映画・エンタメ
学習
DIY
ブレン
無地のノート
SARASA NANO
生活・豆知識
文具関連名著42
社会
未分類

以前の記事

2023年 01月
2022年 11月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
more...

検索

その他のジャンル

【紙の情報整理・基本のキ】もらった書類、どうやって半分折にしてますか?

2022年 02月 02日
【紙の情報整理・基本のキ】もらった書類、どうやって半分折にしてますか?_e0279055_02320088.jpg
さて、今日は書類を持ち運ぶ時にどうするか?というお話しです。

国際的にもA4と言うサイズが書類の標準サイズになってもう10年以上の月日が過ぎました。しかし、A4と言うサイズは結構かさばります。国際規格とは言うものの、僕は正直




「体のデカイ、欧米人向け規格よなぁ」と抵抗感が大きいのです。
たとえば、A4サイズの書類を折らずに、カバンに収納するとなると、かなり大きなカバンになってしまいます。取り回しの悪い、無駄に大きいサイズだと思うのです。

とは言いつつ、世はA4規格こそが標準なので、文句も言ってられません。動き回りやすく、取り回しも便利な大きさのカバンに、A4書類を入れるとなると、結果的に用紙を半分に折るなどの工夫がどうしても必要になってきます。

実際、最近ではA4サイズを半分折りにすることを前提として「A4用紙を半分折りにするファイルフォルダ」だとか、いっそ「A4の三つ折りサイズのノート」「A4を三つ折りにして持ち歩くファイルバインダ」というようなものが発売されていたりもします。
また、持ち歩きのノートやメモもA4の半分サイズであるA5サイズが人気だったりします。A5サイズだとA4の資料を半分折にして持ち運べるからなんですね。

さて。

では、A4の資料を、クリアファイルや封筒、ファイルフォルダーなどに半分に折って保管する場合、どう折れば効率的か? という事を、考えたことはありますか?

用紙を折る場合、よく見かけるのは、文字の書かれている文章面を汚さないように、文字が印刷された文字面を、内側に折り込んで外側に用紙の裏の何も印刷されていない白い面を表に出すと言う折り方です。

この折り方は、文章面を内側に折り込んで、文面が何かに当たってこすれ、文字がかすれたり汚れたりするのを防ぐと言う意味でされていることが多いようです。
長く保管していても、文字面がかすれて見えなくなることがないように、という配慮なのでしょうね。昔の紙が貴重品だったころの「情報の長期保存」を前提にしている場合は、このやり方は正しかったと思います。

しかし、いまや紙の情報書類は、生鮮食品のように使用期間がとても短くもなっています。今日配布された資料は、速いものだと次の週には役に立たなくなっているでしょう。長期保存を前提にした資料がないわけではないですが、長くても三年。平均すればビジネスで利用されている紙の資料のライフサイクルはせいぜい数か月というところではないでしょうか。

特にこのごろは、最終的に確定した情報などは、インターネットで公開したり、会社のサーバー上で共有するなどが落としどころになっていて、印刷物はあくまでそこにたどり着くまでのテンポラリなものになっています。そんな状況の中で、印刷物の長期保管を前提にした情報面の保護は、いまや意味を成さないのではないでしょうか。

そういう状況になっているのに、それでも昔ながらの紙の折り方が使われていて、文字面が内側、白紙面が外側という折り方がとても多いのです。

ところが、これを「文字面を外側」にして折ると、実は実用上とても便利になるんですね。
たとえば、A5とかB5とかのクリアファイルなどにA4資料を放り込んで行く場合に、文字面が外に折り出されていると、クリアファイルの中身を指でまさぐるだけで目的の書類を取り出すことができます。

しかし、これを「文字面を内側にして白紙面を外側」にしてしまうと、クリアファイルなどに放り込んだ書類は、全て取り出して全部の中身を開かないとどれが何の資料だったのかが分からなくなるわけです。

ということがあるので、たとえメインの書類保管用具がA4サイズであったとしても、半分折りをしなければならない場合には、文章の書かれている文字面を表側に出す折り方に統一しておく方が便利です。ひとつのルールとして、ずっと守っておくと、ただそれだけで、情報整理にかかる時間がかなり削減できるはずです。

実際、打ち合わせで出かけることなどを想定して、実用的な書類の活用シーンを面を考えると、A4サイズの書類は、何らかの形、いずれかのタイミングで、半分に折らなければならないシーンがかなり多くなるのではないでしょうか。
(というか、半分に折るとコンパクトになってけっこう便利です。)
折る方向を変えるだけの話ですから、内に折るか外に折るか手間は全く変わりません。でも、その後の情報処理の手間は段違いでラクです。

ちょっとした視点の変更だけでできる快適さ。この基本スキルも、ぜひ実践で採用してみてください。驚くほど文書が整理される事間違いなしです。

------------------------------------
【紙の情報整理・基本のキ】はシリーズ記事です。現在以下の記事があります。

【紙の情報整理・基本のキ】もらった書類、どうやって半分折にしてますか?(この記事です。)
【紙の情報整理・基本のキ】バインダーノート、システム手帳は、「カード」扱い。「一件一枚、片面使用」が基本です。

よかったら他の記事も読んでみてください。
-------------------------------------
また、こんな感じの記事をお届けするメルマガもやってます。(ほぼ毎日更新です。文具ネタが30%くらい)
良かったらメルマガ登録してください。

-------------------------------------
さて。

書類などの紙の情報整理についての基本をお伝えするシリーズを続けているのですが、こういう書類整理の基礎知識は、知っておいた方が圧倒的に快適なのです。
であるにも関わらず、こういう本当に役立つ知識は、学校では教えてくれなかったりします。

基本、自分で四苦八苦しながら身に付けていくしかありません。

そういう時にどうするか? というと、書籍で学習するということがひとつにはあると思います。
パソコンの使い方や、アプリの活用方法などは、書店に基礎からキチンと書かれているものが並んでいたりもします。

ところが紙の書類などの情報整理に関しては、いまひとつ体系立てて紹介されていることは少ないのです。
とても基本的な事柄が古い新書シリーズの中に入っているだけで、知っている人は知っているけど、知らない人には、その情報に接することすらない、というのが当たり前だったりします。

ということで、書類やノートなど、PCやスマホではなく、ごく普通に扱っている紙の情報整理について書かれた名著や役立つ書籍などを厳選して42冊、PDFにまとめてみました。

「そんなに便利な知識が入るなら、ちょっと勉強してみようかな?」という方はぜひとも見てくださいね。驚くほど勉強になる名著ばかりを集めています。ぜひぜひ、ご覧ください。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


by kids1226 | 2022-02-02 12:00 | 【紙の情報整理・基本のキ】 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード