言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索

リンク

e0279055_01262538.png e0279055_01303666.png e0279055_01563047.png

メモとマーケのメルマガ発行中。
e0279055_02304275.png
空メール送信またはQRコードをクリック!
手帳のノウハウ一気に獲得!
e0279055_02293829.png
ボタンを押して中身を確認!

記事ランキング

最新の記事

成約くださるお客様が、効率的..
at 2018-02-15 11:00
予定立案より、事実の記録を。..
at 2018-02-09 18:08
価格競争やスペック競争から抜..
at 2018-02-07 16:28
持ち歩きメモを手軽に整理する..
at 2018-02-02 17:25
サイズが半分以下なのに、フル..
at 2018-01-11 11:45

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

第84号:気づかぬうちに、「苦労話自慢」をしていませんか?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[KID'S SIGNAL] キッズシグナル●第84号●
2016年6月15日(水)
(旧暦:皐月11日)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一昨日、子供を抱えて歩き回ったので、肩が筋肉疲労を起こして腕がうまく動きません。
なので、今日のメルマガは短めです。

実は、一昨日はたまたま、うちの奥さんのお友達が、結婚・妊娠したということで、夫婦同士で会食をいたしました。
その奥さまは妊娠6か月。うちの子供は2歳半ということで、出産から子育ての最初に気を付けておくべき事などを、いろいろ情報交換していたのです。

そこで話題になったのは、子育ての「苦労話」です。はじめての出産で戸惑ったこと、分からなかったこと、誰かに教えてもらって助かったことなどなど、出産前後でなかなか気づけないような体験談をお知らせしていたわけです。

でも、こうして書くと「苦労話」ですから、いきおい「大変だったわ」とか「しんどくてねぇ」というような愚痴とか面倒事の話になったように感じるでしょうし、実際そういう話が多かったのですが、実際にはとても幸せで、ほっこりした気分で話は進んでいたわけです。

なんでか?




考えればすぐに分かると思いますが、子供が生まれる幸せがあるからですよね。

話題としては苦労した話ばかりだし、これから出産する人には「これこれで苦労するから、準備しといてね」と伝えるのは当然のこと。

でも、それはあくまで言葉の「表面」であって、実際に出産の話をするときは顔はほころんでいるし、苦労したことも笑い話になっているわけです。気持ちはとても豊かで幸せな気分になっているのです。

なんだかんだと話をしましたが、結局は「おどかすようなこと言ってるけど、実際には子供は可愛いからさ、そっちの気持ちの方が大きよ。多少の手間や苦労なんか小さな事って感じるよねぇ」という話をしていたわけです。

これは子育て話をしている時の、独身と既婚者のかなり大きな違いじゃないか? という気がします。

・苦労話はしていても、実は幸せ(子供のいる夫婦)
・苦労話を聞かされるから、子育てって大変そうと不安(独身者)

というギャップがあって、このギャップが意外に伝わっていないように感じます。

この当事者の実体験と、体験前の人の不安感のギャップは、実は企業の広報、販促でも起こっている出来事だよなぁと僕は思うのです。

たとえば、自社製品の、もっとも良いところ、メリットのうまれるポイントについては、言わずもがななので、そのこと自体は販促ツールや広告でもサラリと流していて、事細かに書いてあるのは、「この製品を生み出すためにこんなに手間をかけました」だとか、「使っていて、不便を感じた時には、こういう対処の仕方がありますよ」という「苦労話」ばかりにスペースを使っていたりするのではないでしょうか?

長年、企業の販促ツールなどを制作してきましたが、この手の「苦労話」ばかりが書かれている営業ツール・営業資料を、本当によく見かけます。

たしかに、面談営業などでは、その「苦労話」で、誠実さが伝わって良い結果につながる事もあるかもしれません。しかし、広告・販促ツールとしては、まず子供の可愛さ、つまり商品メリットをこそ懇切丁寧に解説しないとダメなのです。

子育て論議も、企業広報も実は同じ。まず「子供の可愛さを伝えよう」という話なのであります。

と言いつつ、自分の子供の可愛さは、このメールで全然書いてないし、短くまとめると書いておきながら、今回もちょっと長めになってしまいました。

という事で、また次回。

あ、先週お知らせしましたが、アンケートページをご用意しています。
何かご意見のある方は、ぜひご回答くださいね。
アンケートフォームは以下にあります。

●メルマガ[KID'S SIGNAL] の感想をお知らせください。
https://docs.google.com/forms/d/17Eex8k-ZStSPMnAomVypQXM1KhC7aplo4oMP9Oc-Ezs/

よろしくお願いします。
ではまた次回。

------------------------------------------------------------------------
●KID'S COMPANY 受付フォーム
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/response.htm

●KID'S SIGNAL バックナンバー はこちら
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/kidssignal/

おすすめサービスのご紹介。ぜひ、ご一読ください。
●ドラマティックパンフレット制作サービスのお知らせ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/dramatic/dramatic.htm


●メルマガ読者限定:最新の制作物紹介(ポートフォリオページ)
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/portfolio/
●ホームページ:KID'S COMPANY
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/
●おかげさまで金賞受賞!
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/prize.htm
●KID'S COMPANY 木田茂夫が提供するサービス一覧
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/service.htm


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
コピーライティングならおまかせを!
コピーライター 木田茂夫 :kids@saturn.dti.ne.jp
携帯:090-8523-4204
---------------------------------------------
ホームページ:KID'S COMPANY http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/
ブログ:コトノハコトバ http://kidscomp.exblog.jp/
●文具関連ページ
SD FAN CLUB http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/sd/
デジアナプロジェクト http://blog.livedoor.jp/kids1226/
---------------------------------------------
ブラインドタッチ練習ドリル WEEK 好評公開中!
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/week/
------------------------------------------------
木田茂夫が面白い!と思った本をご紹介
キッズボックス・ブックストア
http://astore.amazon.co.jp/kids1226-22?_encoding=UTF8&node=28
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

by kids1226 | 2016-06-15 16:07 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。