言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索

リンク

e0279055_01262538.png e0279055_01303666.png e0279055_01563047.png

メモとマーケのメルマガ発行中。
e0279055_02304275.png
空メール送信またはQRコードをクリック!
手帳のノウハウ一気に獲得!
e0279055_02293829.png
ボタンを押して中身を確認!

記事ランキング

最新の記事

成約くださるお客様が、効率的..
at 2018-02-15 11:00
予定立案より、事実の記録を。..
at 2018-02-09 18:08
価格競争やスペック競争から抜..
at 2018-02-07 16:28
持ち歩きメモを手軽に整理する..
at 2018-02-02 17:25
サイズが半分以下なのに、フル..
at 2018-01-11 11:45

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

アクセスが多ければ成功という考え方は正しいのでしょうか?

e0279055_14072324.jpg
前号でお話したのは、お客さまのメリットを誠実に考えるから、つい自分の製品を生み出した時の苦労話や、デメリットに感じられることの言い訳ばかりが増えてしまっているのではないか?

でも本当は、製品のメリットを伝える事こそが大切なんですよ、という話でした。

こう要約すると、「そんなに注意するほどの事かな?」と感じられるかも知れません。

でも、一度、以下の僕が書いたブログを読んで、「シュークリームを売るために忘れてはいけない大切な一言」を考えてみてください。

●「文章は誰にでも書ける」なんて思ってないですよね?



果たしてこの記事を読みながら、正確に「必要な一言」を言い当てられたでしょうか?
意外に難しかったのではないかと思います。
(というか、いろいろな方から話を伺いましたが「思いつかなかった」と言われることの方が多いです。)

製品の、一番中心となる、最重要のメリットを、意外にも広告を制作する時に忘れがちになる、というのは、実はよくある事なのです。

真剣に考えていればいるほど、そうなります。

この「製品の最重要メリットから離れない」という考え方があれば、さまざまな販促活動においても応用が効いてくるはずです。

たとえば、近年話題のコンテンツマーケティング。

あれは商品に関連しそうな面白い話でアクセスを稼いで、自社製品に興味を持ってくれそうな「見込み客」を募り、その見込み客に対してアプローチしていく、という考え方です。

見込み客開拓なので、ついつい、どうしても「アクセス数」に目標値が設定されがちで、大量アクセスが得られれば「成功」と見なされがちなんですね。

でも、そういう「アクセス数が多ければ成功」という話を聞くたびに、はるか昔、テレビが登場した前後で人気タレントを使ったCMを打った企業の「失敗談」を思い出してしまうのです。



人気タレントを使ったCMを打ったおかげで、問い合わせの電話がものすごい数かかってきたのだそうです。
でも、そのおかげで、営業の人材が全員未知のお客さまへのフォローに向かわざるを得なくなり、それまでの上得意さまから大変なお叱りを受けた、という話です。

アクセスが多いのはありがたいですし、そのことによって新規顧客の開拓ができるのも素晴らしい事ですが、もっとも大切にしなければならない現顧客の中の上得意さまを失ってしまったとしたら、その損失は膨大なものになってしまうわけです。

いくらアクセスが多くても、経営の根幹を成すお得意様対応という、ド真ん中の機能がカラッポになっては本末転倒。ドーナツみたいにまん中がカラッポなのでは、困ってしまいます。

だから実はアクセス数は、自社の処理能力の範囲内で高くなるように考えるというのが、正解ですし、その「厳選されたアクセス」は、本当に自社商品のメリット(ベネフィット)について「手に入れたい」と思っている人に絞られているほうが絶対に良いわけです。

また、WEB環境の黎明期には、「懸賞サイト」というものがありました。いろいろな企業から「プレゼント商品」を募り、それを「抽選で○○名さまに差し上げます!」というサービスを行うことで、企業広報とつないで行く、という手法です。

この「懸賞サイト」は、大変なアクセスを稼ぐことができ、大人気になったのですが、ではいま、その「懸賞サイト」は残っているでしょうか?
いまだにいくつかは細々と運営しているらしいのですが、いまやマーケティングの手法として活用されることはほとんどないでしょう。

これも「アクセス数」だけにフォーカスしていて、製品や商品の「メリット」をていねいに伝える、という作業を怠ったがゆえの失敗と言えます。

ここまでの話から言えることは、とにかく「製品の最重要メリットを丁寧に、あるいは印象的にしっかりと伝達すること」こそが、地味ながら、もっとも効果的な販促手法だ、ということなんです。

シュークリームの広告を作るときに「高品質クリーム」と伝えるのではなく「おいしいですよ」とお客さまメリットを、伝わりやすい言葉で伝えておくこと。
これが「メリットを言葉にすること」の意味
なんですね。

ぜひとも注意していただきたいと思います。
という事で、また次回。

!!!!!! おっとそうでした。
先々週、お知らせしましたが、このメルマガの感想を書く、アンケートページをご用意しています。
無記名での投稿も可能ですので、何かご意見のある方は、ぜひご回答くださいね。

アンケートフォームは以下にあります。

●メルマガ[KID'S SIGNAL] の感想をお知らせください。


https://docs.google.com/forms/d/17Eex8k-ZStSPMnAomVypQXM1KhC7aplo4oMP9Oc-Ezs/

では、では、また次回。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[KID'S SIGNAL] キッズシグナル●第85号●
2016年6月17日(金)
(旧暦:皐月13日)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


------------------------------------------------------------------------
●KID'S COMPANY 受付フォーム

おすすめサービスのご紹介。ぜひ、ご一読ください。
●ドラマティックパンフレット制作サービスのお知らせ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/dramatic/dramatic.htm


●メルマガ読者限定:最新の制作物紹介(ポートフォリオページ)
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/portfolio/
●ホームページ:KID'S COMPANY
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/
●おかげさまで金賞受賞!
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/prize.htm
●KID'S COMPANY 木田茂夫が提供するサービス一覧
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/service.htm


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
コピーライティングならおまかせを!
コピーライター 木田茂夫 :kids@saturn.dti.ne.jp
携帯:090-8523-4204
---------------------------------------------
ホームページ:KID'S COMPANY http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/
ブログ:コトノハコトバ http://kidscomp.exblog.jp/
●文具関連ページ
SD FAN CLUB http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/sd/
デジアナプロジェクト http://blog.livedoor.jp/kids1226/
---------------------------------------------
ブラインドタッチ練習ドリル WEEK 好評公開中!
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/week/
------------------------------------------------
木田茂夫が面白い!と思った本をご紹介
キッズボックス・ブックストア
http://astore.amazon.co.jp/kids1226-22?_encoding=UTF8&node=28
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

by kids1226 | 2016-06-17 17:19 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。