言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
通知を受け取る

検索

リンク

e0279055_01262538.png e0279055_01303666.png e0279055_01563047.png

メモとマーケのメルマガ発行中。
e0279055_02304275.png
空メール送信またはQRコードをクリック!
手帳のノウハウ一気に獲得!
e0279055_02293829.png
ボタンを押して中身を確認!

記事ランキング

最新の記事

成約くださるお客様が、効率的..
at 2018-02-15 11:00
予定立案より、事実の記録を。..
at 2018-02-09 18:08
価格競争やスペック競争から抜..
at 2018-02-07 16:28
持ち歩きメモを手軽に整理する..
at 2018-02-02 17:25
サイズが半分以下なのに、フル..
at 2018-01-11 11:45

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

田中角栄の勉強法

e0279055_1171053.jpg


■得意科目は勉強不要。では不得手科目をどうするか?

最近、ちょっと「勉強の方法」ということに関して考えた方がいいかなぁという気がしてます。

昔僕は、学校の「倫社」という科目が大得意だったんです。それこそ何の抵抗もなくアタマに入ってきました。高校のクラス40人中、みんなが5点10点しか点数が取れず、優等生で勉強のできる学級委員の女の子でも60点しか取れなかったテストを、僕は一切何の勉強もなしで93点でした。何故か、飛抜けて倫社の成績だけは良かったんです。(自慢じゃなくて単なる事実です。なんせ化学は劣等生でしたから。)

結局、得意科目というものは、「勉強の方法」が不要なんですね。自然と身に付く。勝手にアタマに入る。

でも問題は不得手な項目をどうするか、なんですね。
倫社なんて僕は得意だけど、他の人は得意じゃないのだから、学習の方法とか、そういうことを考えておかないと意味ないわけです。
得意な科目のことをいくら書いても、それって向き不向きの話だから、世の中の役に立たないですしね。

世の中は実際には不得手な事柄ばかりが押し寄せてくる。それでもなんとかするしかない。そういう時に、いったいどうやって対処したらいいのか、なわけです。その方が大切だなと。

で、そういう時のために書物というのは大きな効果を発揮します。何か自分で対応しなくてはいけなくて、学習する必要がある時、どうやって対応するか、を教えてくれるのが書物なんです。






■特定項目の書籍を「一貫目ほど買ってこい!」と角栄は言った。


不得手項目にもパパパっと対応できる方法があるなら、それを獲得しておくのが得策です。そのために書物は役に立つし、その時に、「効率的な勉強の方法」というのはあるのでありまして、だから、そういう話をしようと思い立ったわけです。

僕の場合、不得手項目の学習には、「田中角栄の勉強方法」が、とても役に立つと思ってます。
それはどういう方法かというと、「関連項目の書物を一貫目ほども買ってくる」というやり方です。

これは昨年お亡くなりになった田中角栄の元秘書である早坂茂三さんがエッセイで書いておられたことなんですが、田中角栄という人は、とにかく実に良く勉強する人だったそうで、官僚が舌をまくほど、何事につけ良く知っていたし、問題の解決法まで見据えた法案作成まで自分ひとりでできてしまう人だったそうなんですが、その勉強の仕方が上記の一言なわけです。

とにかく本を「一貫目ほとも買ってこい」なんです。
たとえば政治家連中とゴルフをせねばならなくなった時でも、秘書の早坂さんに「一貫目ほとも買ってこい」とゴルフの入門書やら何やらを買いに行かせる。まぁ大きな書店のゴルフ関連本の棚の一段分くらいは買ってくるわけです。

これを田中角栄は入門書から順に一気に読んでいくそうです。で、どうなるかというと、これでゴルフが一気にうまくなったりするわけです。

書物なんて机上の論理だからいくら本だけ読んでも役に立つまいと思ってる人は大間違いなんですね。まず、一気にその世界の大枠、概略を知ってしまう。これほどムダのない「指針」はないわけですよ。そうなれば、あとの練習がすべて目的にかなう。ムダがない。
ま、そういうことなんでしょう。


■特定ジャンルの一気読みは、不得手科目を補うのに、最も効果的。


だから勉強するなら、「これだ」という特定のジャンルを決めて、一気に一貫目、そこまでできなくても、まぁ10冊くらいの書籍を、バババババーと読んでしまうのが一番効率的です。

これはねぇ、ほんとうに良い勉強法なんですね。なんせ同じテーマで本を読んだら、同じことが繰り返し「薄く」「深く」「角度を変えて」何度でも出てくる。これだけで復習の効果があるし、複数の見方から身につけることで、自分なりの見方というものも立てやすくなります。
また業界やら、そのテーマでの常識とか大きな流れみたいなものも一気にわかってしまう。
本当に賢い勉強方法だなぁと思います。

で、ここで僕は「田中角栄の勉強法」と名付けましたけど、僕はこの勉強の仕方は早坂茂三さんの書籍を読むより先に立花隆氏の書いた本などで知ってたわけです。

立花隆氏も同じやり方をしている。まずテーマを決めたら、書店でそのジャンルの本棚の前に立ち、入門書から高度そうな内容のものまで、一気に10冊くらいを選び出して、それを買うというところから話を始めてるんですね。

これが実に印象的だったんです。

というか、田中角栄と立花隆ですよ。この因縁のふたり。田中角栄を「総理の犯罪」という形で追い込んでいったジャーナリストと、不世出の庶民宰相、世紀の天才政治家が同じ勉強法で知識を身につけていたというところまで因縁というか、なんというか。

まぁ、それだけ汎用性のある勉強法だと見るのが一番賢いんでしょうけどね。


■同ジャンルの本なら、適当に読み流しても復習になって効果的でラク。


そんなことで、僕は勉強するなら、特定テーマに関しては一気に数冊から十冊くらいは、とにかく一気に読むようにしてます。
専門用語にしてもすぐに頭に入るし、その概念の「使える範囲」がどの程度なのかとか実例などもよく見えてくる。
一冊一冊をていねいに読まなくても、それぞれが相互補完関係になるから、「読んでるうちにわかるようになる」という効果も出てきます。

また、すでに入門書で読んで知っている内容なら、それこそサササっと飛ばし読みできるから、小難しい本でも余分なところを読まずに済ませるなんてこともできるわけです。
総合的に見て、実に効率的な知識の習得が可能になる。

勉強するなら、まずこれだよなーとつくづく思っておるのです。

勉強なんて大変だ、やっかいだと思っている方には、ともかくこの方法をお勧めしたいです。
実に効果的。

ま、そんな話でした。


[了]
------------------------------------------------
■関連記事:こちらもどうぞ!
かっこいい男の子

------------------------------------------------
この記事が気に入ったら、メルマガもどうぞ。
コピーライター木田茂夫が「ピンときたこと、ちょっとお知らせするメルマガ」
●キッズシグナル
メルマガ紹介ページへ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/kidssignal.htm

※登録特典として:無料レポート&コミックスをご用意しています。

■コピーライティングのお問い合せはこちらへ。
KID'S COMPANY 問い合わせフォーム
by kids1226 | 2005-05-03 13:37 | 読書日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。