人気ブログランキング | 話題のタグを見る


言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

もうすぐ有料化!お急ぎください!
_e0279055_00463145.jpg

毎日メルマガやってます。
_e0279055_00320587.jpg
いますぐ登録! 上↑のアイコンをクリックしてください!

HP/SNS
_e0279055_01262538.png _e0279055_01303666.png _e0279055_01563047.png



当ブログ記事をジャンル別に紹介
_e0279055_00194065.jpg

記事ランキング

最新の記事

リングノートの「背表紙問題」..
at 2023-01-21 12:08
「無地のノート」には、多くの..
at 2023-01-15 12:00
本棚に、できるだけ数多くの書..
at 2023-01-12 01:22
ツイストリングノートのメモサ..
at 2023-01-08 11:59
ダイソーの「お名前スタンプセ..
at 2022-11-28 17:05

タグ

カテゴリ

全体
【紙の情報整理・基本のキ】
ツイストノートメモサイズ
みんな大好き「お金の話」
【一部屋まるごとDIY】
文具・ツール
ブラインドタッチ
生活
文章の書き方
マーケティング
読書日記
メルマガ:KID'S SIGNAL
パンフレット基礎講座
映画・エンタメ
学習
DIY
ブレン
無地のノート
SARASA NANO
生活・豆知識
文具関連名著42
社会
未分類

以前の記事

2023年 01月
2022年 11月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
more...

検索

その他のジャンル

リングノートの「背表紙問題」がやっと解決したので、お知らせしたいと思います。いちおう「背表紙タグ」と呼ぶことにします。

2023年 01月 21日
リングノートの「背表紙問題」がやっと解決したので、お知らせしたいと思います。いちおう「背表紙タグ」と呼ぶことにします。_e0279055_11501998.jpg
もう、何年も前から、リングノートを使い続けてきてます。
表紙を二つ折りにできるので、すごく便利なんですよ。リングノートの好きな人は、みんなそこが好きなはず。

ただ、リングノートの大欠点として、「本棚で保管するときに背表紙がつけられず、管理しにくい」というのがあるわけです。

これが解決できなかった。

いやね、この問題に対処している製品はカール事務器のリングインデックスRX-05(5個セット) とか大量販売向けのRX-25(25個セット)とかあるんです。
あるんですけど、どうにもちょっと違う。厚みが厚くて普段使いできないんですよ。

で、ネットをいろいろ漁っていたら、厚紙にリング穴を開けて、表紙タイトルを書くための「タグ」のようなものを取り付けている人がいたんです。
それは可愛らしく飾る意味もあってやってる感じだったんですけど、「あ、これなら、表紙のタイトルにも背表紙タイトル代わりにもなるな」と思って、僕なりに自作することにしました。

で、いろいろ考えたのですが、とりあえずの試作として、100均とかで普通に売ってる、二冊~三冊百円くらいのA7サイズくらいの小さいメモ帳。あれを買ってきて、表紙の透明PPを外して、適当な幅で切って、そこにマスキングテープを貼り付けて、「背表紙タグ」にすることにしました。
リングノートの「背表紙問題」がやっと解決したので、お知らせしたいと思います。いちおう「背表紙タグ」と呼ぶことにします。_e0279055_12004105.jpg
(こういうメモ帳ね。これをバラして表紙だけ取り出し、まぁリング穴から1~1.5cmのところで切り取るわけです。)

この、「背表紙タグ」の良いところは普段使いしても問題ないこと。
まるで表紙にタイトルが書かれているかのように見える。
でも実際は小さい「タグ」なので、本棚に入れる時などは、タグを見える位置に出して保管しておけば背表紙がついてるのと同じことになります。

ツイストリングノートを普段使いしているので、こういうリーフ(?)の差し替えは実に簡単にできるし、見栄えも悪くない。
それでいて、コストパフォーマンスも悪くない。

(まぁA7メモのリーフは全捨てしますので、そこは無駄と言えば無駄。でも要らないものは要らない。罫線とか印字されてるリーフは邪魔なだけ。僕はリーフは無地以外はもう一切使ってないので。)

これはなかなかに便利なので、おすすめですよ。
僕はかなり満足してます。
この回答にたどり着くまで、どれほど時間がかかったことか。大満足!

ということで、ではではまた。





毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2023-01-21 12:08 | 無地のノート | Comments(0)

「無地のノート」には、多くの人が知らない「すごい秘密」が3つも存在している。知りたくないですか?

2023年 01月 15日
「無地のノート」には、多くの人が知らない「すごい秘密」が3つも存在している。知りたくないですか?_e0279055_01244744.jpg
前々から「無地のノートは良い」という事を、このブログでは繰り返し書いてるんですが、考えたら「どう良いのか?」という事に関してキチンと解説した記事を書いていなかったなと思って、少しまとめておこうと思います

無地のノートの活用方法に関しては山のようにお知らせしたいことはあるんですけど、とりあえず細かな話は置いて、全体的な「まとめ」を考えてみたんです。あまり細かい話だと良く分からなくなってしまいますから。

無地のノートをずっと使ってみて、無地のノートのメリットは以下の3つにまとめられるのではないか? と思っているのです。
(もうちょっとこう、内面的な何か深い要素もあるんですけど、それは解説がむずかしいのでここでは紹介しません。)



 ■無地のノートの3つのメリット

他にもいろいろメリットはあるし、紹介したい話はたくさんありますが、まずは、上の3つにまとめたいと思います。




1.スマホスキャナでコピーを取れ、デジタル加工しやすい

まずひとつめの「デジタル加工しやすい」という点。
これは、自分で想像していたより、はるかに便利な点でした。

そもそも、いまはスマホという「つねに持ち歩いているカメラ」があるわけです。
カメラというのは、はっきりと「複写機」でして、とても手軽に「コピー」が取れるわけです。

これはいままでの環境とはまったく違うことなんですね。
近年は、このスマホのカメラ機能を「スキャナー」として利用するためのアプリもたくさん登場してきていて、紙情報のデジタル化がものすごく簡単になってきています。

また、ちょっとした買い物メモを台所のホワイトボードに書き込んでいて、それをスマホで撮影して「メモを持ち歩く」ということもやっていないでしょうか?
僕は、というか、うちの家では良くやっています。
買い足さないといけないものに気づいた者がサッとホワイトボードにメモしておいて、さぁでかけるぞ、という時にスマホでパシャリと撮るわけです。

これ、ホワイトボードだから良いのですよね。
果たしてホワイトボードに「方眼」とか入っていて便利だと思いますか?
僕は思わない。なので「方眼ノートは便利だ」という人の話を僕はまったく信じてないのです。

で、スマホでカンタンにコピーが撮れる状況だと、「無地のノート」は、「スマホでコピーを取る」ための基礎環境として、超強力なんですよ。
ホワイトボードの買い物メモを多用なジャンルで仕事に活かす、というようなイメージで考えてください。

ちょっとした仕事上のToDoだとか、ノートにメモした電話番号やアドレス、思い付きのアイディアなどをとても気軽にデジタル化できるんです。
自由な位置でトリミングできて、文字がすっと頭に入ってきます。余分な罫線も何もないのでストレートに文字内容に集中できるのが良いのです。
横罫にせよ、方眼にせよ、罫線が入っていると、トリミング位置にどうしても不自然なバランスが生じて、メモ写真が独立した大切な情報というイメージにならないのですね。余分な罫線のせいで「ちょっと切り取ってきました」という適当感がどうしても出てしまいます。無地・白紙の用紙だと、書かれたメモだけを切り取って自由にスマホにバインドできるわけです。

だから、2023年という「いま」の環境を考えたら、無地のノートというのは、スマホとの連携で、かなり強力なツールになるんです。

実際、いったんデジタル化した手書き情報は、自分で思っていたよりはるかに便利で、かなり応用範囲は広いのです。そもそも罫線がないと、複数の手書きメモを切り張りして一枚にまとめるのも、まったく違和感なく行えるんですね。
パワポだとか画像加工ソフトだとかで切り貼りすると、複写はカンタンだし、貼り付けるのに糊もいらないし、拡大縮小するのも自由自在なので、白紙のメモなどに思いつくままテキトーに書いてしまった内容、メモ、ノートなどを読みやすく再編集してプリントアウトする、なんてこともラクラクできます。

ノートは読み返しこそが賢い活用方法のかなめなのですが、それをものすごくやりやすくしてくれるんです。

これらのデジタルツールの機能で、特に重要なのが、

アナログノートの弱点を大幅に補完してくれる。

という点です。これは「綴じノート」「バインダーノート」両方の弱点をフォローするので、超重要です。具体的な弱点は、

■綴じノート→ページがバラバラな内容を連続したノートに加工できる。
■バインダーノート→用紙単位で移動するための表裏の管理が不要になる。

ということ。

そもそもアナログなノートでは、綴じノートかバインダーノートか? という点は運用上でまったく異なる活用方法を、自分なりに構築しなければならなくなるのですが、「スマホスキャナ+プリンタ」を前提にすると、アナログノートの欠点が、ほぼほぼ解消されます。
この点はかなりありがたい話で、綴じノートを使おうが、バインダーノートを使おうが好きなようにノートを選べるというのはとても安心感が生まれます。

そういう場合に無地のノートは加工の自由度が高いので、本当にフレキシブルなノート作業をしていける、ということなんです。

いや、ノートのページ管理のような複雑な加工までしなくても、単純にノートの一部を、画像ファイルやPDFにするだけでも、実は実用性はかなり高いのです。
なぜかと言うと、パソコンのエクスプローラには、画像ファイルをサムネイル表示してくれる機能が標準で備わっているからなんですね。

さすがにPDFのサムネイル表示には少し設定の手間などがかかりますが、それでも上手に設定してやれば、手書きのノートの一部を、手軽に、パソコン上でKJ法的に整理することができます。

単純にエクスプローラ管理だけでも、いままでの手書き情報とデジタルの融合が、どれだけ便利かわかろうというものです。

また、同じ内容の手書きメモを複数のテーマで活用したいという時に、別フォルダにコピーして分類したり(昔はわざわざコピー機でメモ用紙をコピーしなければなりませんでした。デジタルならCtrlキーを押しながら移動するなどして、ファイルをカンタンにコピーできます。)

また、過去のノートなどもネットストレージなどに保存しておけば、いつでも、あらゆるメモを、スマホやタブレットでカンタンに参照できたりします。

こういう「手書き情報の幅広い活用」を行う時には罫線ほど邪魔になるものはありません。無地なら切り張りしようが、用紙が変わろうが、なんの問題もなく、情報だけを自由に組み合わせて読みやすい形に整えることが可能です。

これらの多様な活用方法が存在しているので、手書きメモのデジタル化は、メリットが超多いのです。特に「再読」「展開」「まとめ」を行いたいテーマにはとても良いです。

これらの活用方法は、それこそスマホのカメラで無地の用紙に手書きされた情報をパシャリ!と撮るだけでも、けっこう使えるノウハウなのですが、僕は、こういうデジタル化のメリットを最大限に生かすためにアナログ→デジタル変換のための専用ツールを使っています。

それが、マイクロソフトのオフィスレンズとポストイットアプリの二つのツールです。

■Office Lens(iOS版)

■office Llns(Android版)

・ポストイットアプリ(iOS版)

・ポストイットアプリ(Andoroid版)
この二つのアプリは最近では、本当に良く使うようになってきました。

ポストイットアプリに関しては先日ブログで紹介しましたので、良かったら読んでみてください。


このアプリのおかげで、アナログの紙のノートと、デジタルの資料とがかなり気楽に行き来できるものになったと思います。
(あくまで紙がメインであって、デジタル化データは副産物なんですが、それでも用途がかなり大きく広がる感覚はすごいものがあります。)

こういうメリットに加えて、「デジタル保管したから紙の情報は捨てても良い」とか「デジタルデータが消えていても紙のバックアップが残せて良い」という相反するメリットもまた、手書きメモをデジタル化して生まれる、いままでにないメリットなんですね。

こういう環境を前提にすると、もうノートで「罫線入り」のものは使いたくないという気持ちでいっぱいになってしまいます。
罫線のあるノートは手書きのデジタル化とはかなり相性が悪いのではないでしょうか。僕はかなり嫌です。
そして、「方眼ノート」は上記のような活用方法を前提にすると鬼のように不便極まりない最悪の「用紙」ということになります。

無地のノートは、デジタル加工ツールとの相性が、抜群に良いのです。


2.文字サイズをいつでも自由自在に変更できる。

無地のノートには罫線がありません。
なので、そもそも書き込む文字の大きさに「標準サイズ」がないわけです。

このことは、個人的には、1のデジタル化のメリットより、汎用性という面でとても重要なメリットだと考えています。

文字のサイズを自由にできるということは、

●大きめの文字でゆったりと書こうが、小さ目の文字でびっしり詰め詰めに書こうが、完全に自由だ。

ということです。
無地のノートは、「一行の高さ」という概念に縛られずに文字のサイズを自由に設定してノートを記述できる、ということですね

これは無地ノートを実際に使ってみると、想像以上に便利なんです。

長文を書きたい気分の時は超小さい文字にすればいいし、思いついたひらめきとか展開したいアイディアなどは大きい文字で書いておくと、ノートを再読した時に自動的に目に飛び込んでくるので、「繰り返し考える」ということが可能になってきます。

この両極の使い方を、その時々の「ちょうど良い大きさ」の文字で自由に書ける、ということが、どれほど快適で無駄がなく、のちのちの流用や加工にも役立つことか、メリットははかり知れません。

特に思い付きを大きく書く時は、文字の「いきおい」「筆勢」というものに自分の感情とか、その時思いついてウキウキした感情のようなものまで紙に残せていることが多いので、再読すると、まさにその発想の原点の感情を思い出すことがラクになって、かなり大きなメリットなのです。

もともと紙のノートは、再読してその時に感じたことを追記できる、というメリットがあるわけですが、そのメリットが、より的確に、自分の内面に響くという感じです。

ある程度の文字の長さや、文章としてのまとまりを持ったアイディアなども、小さい用紙でも自在にメモができますし、ふと思いついたことを自由に展開していくことも、無地のノートなら自由に行えます。

無地のノートを使ってみて改めて感じたのが、横罫にせよ、方眼にせよ、最初に定められたサイズの文字サイズが存在している、という事自体が、メモを取る場合には、かなり大きな制約だったんだな、ということです。

無地の用紙は、日常的にA4コピー用紙を使っている方が多いかと思いますが、やはり僕も良く使っていて、一定数の「A4コピー用紙ファン」も多いと思いますが、使い方が「ノート」と「コピー用紙」ではやはり少し異なります。

単品でバラで使うA4コピー用紙では、やはりアイディアをピンポイントで出す、というような使い方になりますし、A4コピー用紙はバインドされていないからこそ、一枚だけで独立して運用する、いわば「カード」としての魅力が大きいのだと思います。

しかし、無地のノートには、一冊のノートの形にまとめられた「無地の用紙の束」であるからこそ、「情報をまとめて持ち歩く道具」としての利便性もはっきりとしてきて、その部分でのメリットも多々あるんですね。(特に1のデジタル化の魅力とも連動してきます。)

で、ノートとしての魅力のひとつに「見開き単位」あるいは「一ページ単位」での活用や読み直しということが含まれてきます。
バレットジャーナルなどの技法を使ってノート活用していると実感すると思うのですが、やはり、再読のしやすさがノートのひとつの魅力なので、ページ、あるいは見開き単位で情報がまとまっていると、何かと便利だし活用もしやすくなります。(バレットジャーナルのインデックスやコレクションの使い方を考えると分かりやすいでしょう。)

で、その場合に「ほんの数行だけ、次のページにまたがってしまう」というのは、かなり「ページの無駄」につながりやすいわけです。
もちろん一ページに異なるテーマのメモを取っても、キチンと管理するならそれで問題ないわけですが、やはりページに収まっている方が何かと便利です。

そういう時に無地のノートだと、

●書き込むスペースが足りなくなってきたから文字サイズを小さくして詰め込む

という裏技を手軽に使えるんですね。全然問題ない。
こういう事が、かなり実用上役にたっています。罫線があると、多少文字を小さくしても、罫線の上に文字を書いたり、あるいは罫線の高さに空間が空いてしまったり、いろいろと不都合なことが多いのです。

文字サイズが自由に変更できる無地のノートは、こういう情報のはみ出しなどにも有効で、一度便利さを感じてしまうと、なかなか離れられなくなってしまうのです。


3.表組などを罫線に邪魔されずに手書きできる。


さて、ここでは「表組」と書いていますが、実際には「図式、スケッチ、表組」くらいをすべて統括する「手書き図版」として、考えてください。

ただ、「ノート」という形式で、より一般的に使用頻度が高い具体例としては「表組」が多いだろうな、ということで、「表組」という表記にしています。
また、方眼・横罫用紙と無地の用紙を較べた時の例として、「表組」での使い方での説明がわかりやすいので「表組」という表現を選びました。

実際、「表組」と言っても、実際に「メモ」することが多いのはコンパリソン(メリットの比較表など)のようなものだとか、特定ジャンルの複数のテーマ(商品・サービスであったり、企業の特性など)を分類するためのマトリクス(縦軸と横軸で異なる基準値が設定されていて、画面が四分割されているような種類の表)などが多いのではないかと思います。

というのは、もっと複雑な表については、PCで作った方がメリットも大きいからです。(特に無地のバインダーノートなら、なおさら!後述します。)

特にノートを取る、というシーンを考えると、たとえば売上高の多項目の表とかは、その場でメモを取るより、元データをもらう事の方が多いでしょうし、そうしないと正確性が損なわれます。手書きでメモをする意味はあまりありません。

また、最近では、「スマホカメラ」という「手のひら複写機」をほとんどの人が持ち歩いているのですから、そういう複雑な表は、その場で紙の資料やパソコン画面を撮影した方が賢明です。

なので、手書きのメモでノートに情報を残したい場合は、その表を「概念」として書き写したい場合がほとんどでしょう。
そういう種類の「表組」は、上記のコンパリソン(比較表)やマトリクス(機能性整理図)などのように、せいぜい数個×数個の項目の掛け算が限界です。

人によると思いますが、このような簡単な表組なら、方眼用紙の升目をなど気にせず、手書きで線をひくか、項目間の空きを多めに取って、メモを取るだけで、十分に意味を成しますし、それで十分ですし、こういう手書きのカンタンな表組の方が記憶にも残りやすいはずです。。

確かに、表を描くための線を、手書きで引いても、線自体はグダグダです。しかし、項目の関係性ははっきりと分かった上で書き写すことになります。その「表」の「意味」をこそ、メモしておきたいわけですから、罫線のていねいさはどっちでも良いことです。

いや、実は、ノートなどでの「表のメモ」は、罫線を引く必要すらなく、罫線の代わりに、項目間の空間を少し大きめに取るだけでも、コンパリソン・マトリクスなどの「意味」は書き写せるわけです。

世間では「方眼ノートだと表組が書きやすい」と言った記述を見かけますが、上記のような表組を、いちいち升目の数を気にしてメモしていたら、まともにメモを取る事自体ができなくなります。

「えー、縦に3項目で横に3項目か、うーん、項目の幅がうまく合わなくて、うまく罫線の上に表が描けないなぁ」

となることがほとんどなのではないでしょうか?

ですから、方眼ノートだから表組が書きやすいというのは、ほぼほぼウソとか間違いの類でしかないと思っています。

そもそも、ノートのタテヨコの幅は決まっていますから、「見た目のきれいさ」という点においても、ノートの横幅を3等分する場合や、7等分する場合では、項目ひとマスの幅は小数点以下のピッチになってきて、簡単には正確な位置決めができないわけです。

仮に方眼のピッチがすごく細かくて、1mm方眼のノートを使っていたとしても、小数点以下の位置決めはできないわけですから、実際には1mm方眼でも「線に沿って表組をメモする」のは、ぴったり収まらないことの方が圧倒的に多いのです。
なのに、なぜか「方眼用紙は表組に適している」とか「表が美しく描ける」と言った「都市伝説」がいつまでたってもなくなりません。

現実問題としては、メモする場合の行頭を揃える、という程度の意味しか持たないだろうなと思いますが、これもフリーハンドでほぼ問題なく揃えられます。

なので、方眼の升目の数を数えて、どこに項目を書こうか? などと考えているヒマがあったら、適当にタテヨコの罫線をフリーハンドで引いてしまうか、項目を見たまま書き写すかした方が、圧倒的にすばやくメモできる、ということになるので、「表組」などを書き写すなら、方眼罫は不便なだけで、無地のノートが圧倒的に便利だ、という事なります。。

ですから、表組を描くには、方眼線は「邪魔」でしかなく、無地のノート方が手軽に表組を書き写すには最高のツールということになります。

料理をする人なら分かると思いますが、豆腐を賽の目に切る時に、いちいち定規で測ったりはしませんよね?
実用性では目分量で充分だし、それで料理もちゃんと美しくなります。

「無地のノート」には、多くの人が知らない「すごい秘密」が3つも存在している。知りたくないですか?_e0279055_11553460.jpg
逆に豆腐は一切何の模様も入ってないから賽の目の大きさも自由に切れるわけですし、豆腐に賽の目に切るためのガイドラインなんかが印刷されていたら、それはそれは全国の料理好きから総スカンを食ってしまうはずです。
賽の目はフリーハンドだから良いのです。

当然、たとえば「集合」を表すベン図であるとか、「組織図」を書くとか、概念の「模式図」を描くとかも「罫線」という余分な基準線がない方が、圧倒的にすばやくメモできます。概念を図式で考えるというのはよくあると思うのですが、そういうことも無地の方が圧倒的にやりやすい。

方眼罫は百害あって一利なしです。

(例外的に、タテヨコどちらの使い方もしたい場合のノートの文章を書くための罫線用の方眼罫や、ビルの姿を描き移すなどのように、スケッチする時に正確な垂直・水平が必要になる時、あるいは、A3、B4サイズなどの巨大用紙に非常に緻密なマトリクスのマッピングを行うなどの特殊な用途には方眼が向いているとは思います。でも、これらは、かなーり特殊な使用例で、そもそも「メモを取る」ということとは無関係でしょう。)

ということで、
無地のノートなら、本当に罫線に邪魔されずに自由に表組などの図版を気軽に描けるのです。

図版、と書きましたが、これはカンタンなイラストとか道順を表す案内図などでも同じことで、白紙そのものに自由に描く方が快適です。

---------------------------
それから、「後述する」としていた「複雑な表をPCで作る」話ですが、僕はバインダーノートをメインに使い、「無地の用紙に穴をあけてリーフにする」ということもやっているので、PC出力もそのままバインドできます。当然、こういうプリントアウトもすべて「無地の白紙」です。こういうPCのデータを活用するためプリントアウトに、わざわざ「横罫用紙」や「方眼用紙」を使う人もいないでしょう。

バインダーノートなら、リーフを取り出して、そこにプリントアウトしてデータをバインドするなど、より一層、無地のリーフの方が利便性は高いと言えます。
例えば僕の場合で言えば、パスワードやさまざま住所・電話番号、url さまざまな会員番号、などなどの必要となるデータをバインダーノートの最終ページに綴じこんであるのですが、これが完全にデジタルとアナログの両方を行き来するリーフになっています。

普段の生活では、このリーフに、気になったデータを空いた空間に、手書きでメモをしておき、年に一度くらい、その追加された情報をPCでキチンと入力します。
そして全データがデジタル化された表組をプリントアウトして、ノートにバインドしておくのです。
こういうことも無地の用紙の方がやりやすいし、他の白紙ページの雰囲気ともなじみます

ということで、3ポイントで書いたことをまとめると、無地のノートは、

1.スマホスキャナでコピーを取れ、デジタル加工しやすい
2.文字サイズをいつでも自由自在に変更できる。
3.表組などを罫線に邪魔されずに手書きできる。

の三点がメリットのポイント、ということになります。

そして、この三点は、なんでもないことのように見えて、かなり応用範囲の広いメリットだと僕は感じています。
とくにスマホを持ち歩くのがあたりまえの現在では、これらのメリットは計り知れないとおもうのですが、それはまた別の機会に書きましょう。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2023-01-15 12:00 | 無地のノート | Comments(0)

本棚に、できるだけ数多くの書籍を詰め込むための方策として、「ジャンル箱」という手法を開発しました。いまのところこれが一番本棚を有効活用できます。

2023年 01月 12日
本棚に、できるだけ数多くの書籍を詰め込むための方策として、「ジャンル箱」という手法を開発しました。いまのところこれが一番本棚を有効活用できます。_e0279055_15543400.jpg
本の整理というのは、かなり難しいと思います。
例の「断捨離」のやましたひでこさんが、「本も捨てろ」と言っておられるわけで、その基準を、

1.最終的な本の量を決定する
2.必須本や大好きな本を選ぶ
3.小説や漫画は極力処分する
4.ビジネス書や自己啓発本は本当に感動したものだけ残す
5.なんとなく読んでない本は全て捨てる
6.一度読んだ本も捨てる

と、されてますが、僕のように書くことを仕事にしていたり、さまざまな資料や考え方などを参照することが仕事の人(カウンセラー、弁護士、医師、政治家、地方議員、などなどかなり幅広いと思われます)には、上記の条件はまったく意味がないことが分かると思います。
やましたさんの基準は「楽しみとして本を買っている人」の話で、情報にかかわる仕事をしている人には「どの本が役に立つのか想定できない」ということがあるので、好きととか嫌いに関係なく、ほとんどの本が「必須本」なわけです。

●自分が知らないことを知る必要のある職種
●仕事で学習した知識が、繰り返し参照活用する必要がある情報だった
●仕事の発注者の業種が多様で、幅広いジャンルの知識が必要となる

というような場合は、「本を捨てる」というのは簡単なことではない、ということが分かると思います。

こういう業種の人は、もちろん、「最終的な本の量」など決められるはずもなく、いきおい課題は、

本棚にどれだけたくさん本を詰め込むことができるか?

にならざるを得ません。

で、本棚に本をつめこむために、世間ではいろいろ工夫をしたりしてます。
本棚に普通に本を入れただけではすぐにいっぱいになってしまうので、文庫本と単行本など、同じサイズの書籍を並べて、本棚の奥と手前など、本棚を二重に活用して押し込む、こんな方法もありますし、

本棚に、できるだけ数多くの書籍を詰め込むための方策として、「ジャンル箱」という手法を開発しました。いまのところこれが一番本棚を有効活用できます。_e0279055_00454196.jpg
本棚を二重にしてスライドさせるスライド本棚、なんてものもあります。
本棚に、できるだけ数多くの書籍を詰め込むための方策として、「ジャンル箱」という手法を開発しました。いまのところこれが一番本棚を有効活用できます。_e0279055_00464008.jpg
でも、このようになんらかの方法で、本棚を二重に使うと、手前の本の背表紙は見えるけれども、奥に入れた本は背表紙が見えなくなったりするし、空間も効率的に活用しているように見えて、背表紙を確認するために無駄な空間を発生させている、ともいえるわけです。

はっきり言いますけど、上記のような方法じゃ全然スペースが足りないわけですよ。まったく無意味です。

本棚奥に「本の踏み台」を置く方式は、踏み台の分の空間はデッドスペースなわけですからもったいないし、そもそも本棚の一段分の縦幅を必要以上に空間を使ってますから元々あまり空間圧縮機能は高くありません。
また、手前にスライドする小さな本のための本棚を用意する方式も、手前に設置するスライド棚は、引き戸形式で横に移動させるわけで、本棚の半分ほどしか手前側には置けないわけです。

こういう仕組みでなんとかなる人は、やっぱり「趣味」で本を買ったり読んだりしてる人でしょう。
仕事で情報を扱いたいとなると、基本は、

●稼いで広い空間を確保する
●いまあるスペースからはみ出す本は捨てる

の二つにしかなりません。
他の解答はない!
それが結論です。

で、捨てる本の基準は、やましたひでこさんのように「誰にでも通用する基準」なんかあるわけがなく、ただひたすら一冊ずつ、自分に捨ててよいかどうか訊ねる以外に方法はありません。

ただし。

この本棚の問題に関して、自分なりの暫定的な「解答」が生まれているので、それを紹介したいのです。
それがタイトルに書いた「ジャンル箱」というもので、どのようなものかは、この記事の最初に掲げてあります。

僕は小型の紙製折り畳みファイルボックスを適当に買ってきて使っていますが、基本はなんでもかまいません。とにかく「箱」に本をつめこむのです。
これが一番「空間効率」が良いのです。

本棚の奥行いっぱい、あるいは多少(数センチ)なら、本棚からはみ出してもよいでしょう、そのくらいの大きさの箱を用意します。
本は重いので、あまり大きな箱は避けてください。せいぜい10冊~15冊程度がいれられたら良いです。

この箱に、自分が気に入っていて、捨てる気がない書籍を、とにかく「似たジャンル」のものをあつめて詰め込むのです。
特定の作家名で集めてもいいし、テーマごとで集めてもかまいません。とにかく「同じジャンルの本」を集めて入れます。

で、箱に入れる時も、とにかく「ぎゅうぎゅうに詰め込む」という意識でやってください。最近は通常のB6サイズの本以外にも、PC関連や技術書などのA5サイズの本もあるし、新書や文庫もあります。サイズはバラバラでも、自分の興味や仕事で必要となって入手したような「同じジャンルの本」があるはずです。
とにかくそれをしっかりと集めて、サイズは関係なく、荷造りをしている時のようにちょっとした隙間に文庫本を押し込んだり、A5とB6を互い違いに組み重ねたりと、なんとかパズルのように箱の中に入れるのです。

で、同じジャンルの本をまとめているので、同じジャンルだけども「この本はイマイチだったなぁ」というような書籍も出てくると思います。こういうものは「捨て本」になる可能性が高いので、これは「捨て本」というジャンル箱に移動しましょう。

で、箱にぎゅうぎゅうに詰まったら、一度箱から全部の本を取り出します。
そしてそれら全部の本が背表紙が見えるようにどこかに並べて、いったん背表紙だけをスマホのカメラなどで撮影します。

撮影が済んだら、また箱にぎゅうぎゅう詰めにして、いま撮った背表紙写真を、小さくプリントして、ジャンル箱の本棚に入れて見える位置に貼り付けるのです。
あとは、このぎゅうぎゅう詰めの箱を本棚に入れたらおしまいです。

こうすると、だいたい、本棚の横幅で10冊から15冊分の横幅は5~7冊分の幅に圧縮されるはずです。本は捨ててないのに、空間が空いてくる。そういう効果があります。なんせ箱の中にぎゅうぎゅう詰めにしているんですから、そりゃ空間は広がります。

それでいて、詰め込んだ本のタイトルは箱に写真で貼りだしてありますから、何が入っているのか見ただけで分かります。
いままで本棚に入れて時折読み返していたような動作と、ほぼ何も変わりません。実に快適なのです。
で、同じジャンルの本を集めたことで、本棚の中であちこちに散らばっていた情報がひとまとめにできて、利便性も高まっています。
なおかつ同ジャンルで好き嫌い判定をしているので、このジャンルの中で「好きじゃない」本はすぐに分かります。
捨てる候補の本は「捨て本」のジャンル箱に入れる、と書きましたけど、こういう「ジャンル箱」を作って、書籍を集めて並べてみると、本当に「はずれ」の本はすぐにわかるんですよ。なので、僕は実は「捨て本」の箱には入れずに躊躇なく捨てていたりします。

これをやりだしてから、本棚がかなり片付いてきたように思います。
本好きなら同じジャンルの本がサイズが違っていてどう整理したら良いか迷っておられる方も多いと思いますが、この「ジャンル箱」はサイズが異なっていても別に問題なしです。空いた空間に文庫本でもなんでもほおりこんでしまえばよいのです。

ジャンル箱に貼り付ける「背表紙の写真」は、カラーレーザープリンタなどを購入して、自宅でプリントしてしまうのが一番簡単です。
カラーレーザープリンタも、A4用紙専用の小さなサイズのものなら、1万円~2万円程度で購入できますから、ぜひ購入して、気軽にジャンル箱内の「本の背表紙一覧」を気軽にプリントするようにしましょう。

このやり方を推奨するのは、なにより

●本を一切捨てなくても、本棚に新しい本を置くスペースを確保できる

からです。
本は一冊も捨てなくても、ジャンル箱にぎゅうぎゅうに押し込んで、箱に「背表紙一覧」さえ貼りこんでおけば、なんの問題もないのです。

本棚整理には、いまのところこの方法での圧縮収納が正解だろうと思っています。

ぜひ一度みなさんもおためしください。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2023-01-12 01:22 | 読書日記 | Comments(0)

ツイストリングノートのメモサイズは、結局ノート型のツイストノートにバインドするのが便利。グルーピングも閲覧も快適に。

2023年 01月 08日
ツイストリングノートのメモサイズは、結局ノート型のツイストノートにバインドするのが便利。グルーピングも閲覧も快適に。_e0279055_11163707.jpg
ずっと紹介しているツイストリングノートのメモサイズ。
手のひらにおさまるスマホサイズで、ちょっとしたデータをメモしたり、思い付きを覚えとして書きつけておいたりするのに大変便利です。
(特に僕はオリジナルの無地の用紙を作って利用しているので、より一層便利なんですが。)

で、この気軽なメモは、書けば書くほどたまってきて、分類整理するのがけっこう手間になってきたりするんですね。

で、かなり昔の記事で、カードをケースに入れ、バインド用の穴を利用して整理する方法を紹介していたのです。

この記事はアクセスも多くて人気記事なんですけど、僕自身はしばらく試してみて「いまいちだなぁ」と感じたので、いまや、この箱に入れて整理する方法は、ほぼやってないんです。

やっぱり「読み返し」とかをするのに不便なんですね。メモに思いついたToDoを書いておくことも多いし、整理するより読み直して行動につなげて処理することも多いからです。
とにかく、サッと「読み返し」ができないと不便。読み返さないと「どんなメモがあったのか」自体を忘れちゃうから、なんですよ。

で、ここのところ増えてきたメモ用紙は、穴を使ったバインドすらせず、ただダブルクリップで白紙の用紙とともに持ち歩いて、メモしたり読み返したり、手の中で「くっ」て分類したりして、活用してたんです。
まぁ、「バインド用の穴をあけたヒップスターPDA」ってところです。

(ヒップスターPDAに関しては以下の過去記事をどうぞ。)


カードを手の中で「くっ」て整理し、それをダブルクリップで留めておくだけというのが、やっぱりシンプルかつ簡単で実用的な意味で便利なんです。
便利なんですけど、このやり方は、メモの種類と数が増えてくるとかなりしんどいんですね。
分類項目とか、せいぜい2個か3個くらいしか無理です。分類項目を覚えておかないといけないから。

それでけっこう困っていたんですけど、先日、ふと「とにかく増えてきたカードを片付けなくては」と思って、いつも使っているB6サイズのツイストノートに入れたら、すごーく快適だったのですよ。
同じジャンルのカードはひとまとめにして、ジャンルごとでグルーピング。異なるグループのカードはバインド穴をひとつずらしてツイストノートにバインドし、ズレたところに「ジャンル名(グループ名)」を書いておくと。

そうすると、この記事のトップ写真にあるように、一冊のツイストノートに10項目程度なら気軽に分類・ジャンル分けができて、しかも、読み返し、抜き差しも実に簡単で、ものすごく快適になっちゃったんです。

ちょっと図解すると、こんな感じです。
ツイストリングノートのメモサイズは、結局ノート型のツイストノートにバインドするのが便利。グルーピングも閲覧も快適に。_e0279055_20552955.jpg
こういう整理の仕方をしてみたら、

「え? なんでいままで、これをやらなかったんだ?」

と呆れてしまったくらい、ものすごく自然に快適・便利に活用できたのですよ。

メインで使っているノートは、やっぱりツイストノートを使っていて、いろいろ差し替えなどはしているのです。
でも、そのノートとは別に、「メモサイズのリーフを分類整理するための専用ノート」を一冊用意したんです。
それで、

1.メインノート
2.メモ整理ノート
3.ヒップスターPDAメモ

の三種類を持ち歩くようになったのです。で、この三種が全部ツイストリングノートの規格で、メモリーフが自由に移動できる、というわけです。
これが本当に思っていた以上に便利なんですねぇ。

たとえば、

●ちょっとした思い付きのキーワード
●ネットを見ていて役立つと思ってメモしはじめた内容
●いろいろ作業が重なっている日のToDoの下書き
●電話連絡などで聞いた内容のカンタンなメモ

というようなものは、いきなりメインノートに書き込むと無駄に空間が必要になって、しかも後で整理がしにくくなる、ということが多々あるわけです。
ネットを見ていて「これは面白いぞ」と思ったもののメモなんて、何枚もメモを取りたくなる場合もあれば、キーワードをいくつかメモしたら、それで充分だった、なんてことも多々あるわけです。
そういう時はテンポラリにメモサイズの用紙に書いて、あとから「メインノート」のしかるべき場所に転記するなどした方が再読もしやすく、ノートの利便性がうんと高まるんですね。

みなさんからアクセスの多い、昔の整理方法である「箱に入れるズボラな方法」よりも、僕的にはこちらの整理方法の方が、はるかに利便性は高いと思います。
なので、この方法を公式にTRNメモサイズの整理方法として、おすすめしたいです。

みなさん、ぜひお試しくださいね。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2023-01-08 11:59 | ツイストノートメモサイズ | Comments(0)

ダイソーの「お名前スタンプセット」は、バレットジャーナル活用に、なかなか便利なような気がする。

2022年 11月 28日
ダイソーの「お名前スタンプセット」は、バレットジャーナル活用に、なかなか便利なような気がする。_e0279055_13191093.jpg
メルマガの方では書きましたけども、いま、僕は、手帳のシステムを完全なバレットジャーナルに移行させようとしております。

で、バレットジャーナルの仕組みをご存知の方なら分かると思いますが、バレットジャーナルには重要な基本単位として、

DailyLog(デイリーログ:毎日のToDoやメモなどを書いていくページ)
MonthlyLog(マンスリーログ:ひと月分の予定を一覧し、確認するページ)
FutureLog(フューチャーログ:一か月以上先の予定やいずれやろうとしている内容をまとめておくページ)
Index(インデックス:ノート一冊の内容の目次)

の四つのブロック(公式では「コレクション」と呼称)があります。

昨日、バレットジャーナル用のノートを少し整理していたのですが、これらのタイトルを、各ページに書き込む必要があって、「毎回書くのも面倒だよなぁ」と思ったわけです。
なにせ僕は「無地のノート」が大好きなので、罫線も何もない、完全無地のB6ダブルリングノートをバレットジャーナル用に使おうとしてますから。

使おうとしてるのは、無印良品のこのノート。

●ダブルリングノート・無地 B6・ダークグレー・80枚 (消費税込み190円)



で。

よくバレットジャーナルの解説本などを見ると、このブロックタイトルを手書きで美しく書いているような手書きノートも見かけるのですが、別にそんなもの、かわいらしく美しく書く必要もないわけです。自分で見て分かりやすく、納得できていればそれでいい。

(このあたり、書店などで、やたらと凝った装飾のあるバレットジャーナルの実例ばかりを紹介しているのは、ちょっと問題だよなぁと思います。バレットジャーナルは、「仕組み」こそが重要なのであって「手書きで楽しく描く」というのは本質的な事ではないと思います。)

それに、完全に「無地のノート」なので、タイトルを美しく書くということ自体が超面倒くさい。まっすぐな線を引こうとしたら、定規で左右の位置をミリ単位で測り、印をつけて線を引く、とかしなくちゃならなくなる。
そんな面倒なことは、日常使いのメモ・手帳にはいらんのです。フリーハンドで適当に描けばいい。

いやそれどころか、手書きでタイトルを繰り返し書くこと自体が面倒です。
なのでこれらのブロック(コレクション)のタイトル文字はスタンプでペタペタと押すことにしたわけです。

まぁ、上記のブロックで言うと、インデックスフューチャーログは、言わば「目次」「年間予定」と考えればいいし、そうなるとタイトルを書き込む頻度も年に一度前後。なのでまぁこれは手書きでていねいに書いても良かったんですけど、ものはついでなので、これもスタンプでやることにしました。

大事なのは、デイリーログマンスリーログで、これは、デイリーログを週間予定マンスリーログを月間予定と考えればデイリーログは年に50回程度、マンスリーログは年に12回繰り返し手書きすることになります。

だからもう、スタンプで押すようにしたら、相当に高い効果があるはずなのです。

ということで、前々から気に入っている、ダイソーの「お名前スタンプセット」を使ってスタンプを作りました。


僕は、アルファベットの大中小をまとめてそれぞれ何個かずつ買ってあります。

お名前スタンプセット(約0.6cm×0.6cm、アルファベッ


お名前スタンプセット(約0.5cm×0.4cm、アルファベッ


お名前スタンプセット(約0.3cm×0.2cm、アルファベッ



ダイソーの「お名前スタンプセット」は、実に優れていて、ハンコを作るためのゴム印面と、それをはめ込むホルダーがセットになっていて、ワンセットたったの100円なんです。(税別)
セリアの同様の商品だとゴム印面とホルダーが別売りだったりするのに。

で、しかも、ラインアップには、アルファベットとひらかながあって、それぞれに、

大:6mm×6mm
中:5mm×4mm
小:3mm×2mm

の3種類があるんです。
そのうえ、恐ろしいことに、この「大・中・小」のホルダーを混在させて連結することができるんですね。

なので、たかだかワンセット100円なのに、何個か買って組み合わせれば、それなりに楽しいタイプフェイスのセットを作る事ができるんですね。

だから、まとめて数百円分購入しておくと、けっこうかなりなことがやれるようになります。

ということで、バレットジャーナルに必要な、

DailyLog
MonthlyLog
FutureLog
Index

の四つのスタンプをホルダーにセットして組み合わせて作り、机の上の陶器製ミニカップにまとめて入れて、いつでも使えるようにしておきました。

この記事のトップに貼ったのがその写真。

これで安心してバレットジャーナルを始められるな、と安心しておるところであります。

ということで、今日はここまで。
ではまた。




毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-11-28 17:05 | 無地のノート | Comments(0)