人気ブログランキング | 話題のタグを見る


言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

もうすぐ有料化!お急ぎください!
_e0279055_00463145.jpg

毎日メルマガやってます。
_e0279055_00320587.jpg
いますぐ登録! 上↑のアイコンをクリックしてください!

HP/SNS
_e0279055_01262538.png _e0279055_01303666.png _e0279055_01563047.png



当ブログ記事をジャンル別に紹介
_e0279055_00194065.jpg

記事ランキング

最新の記事

予定外の出来事で、メルマガ発..
at 2022-08-17 16:13
無地のツイストノートメモサイ..
at 2022-08-15 11:59
夏場の散歩は「日傘」が必須。..
at 2022-08-10 12:00
ツイストノートシリーズは「表..
at 2022-07-30 12:18
何かにトライするなら、いつも..
at 2022-07-29 12:00

タグ

カテゴリ

全体
【紙の情報整理・基本のキ】
ツイストノートメモサイズ
みんな大好き「お金の話」
【一部屋まるごとDIY】
文具・ツール
ブラインドタッチ
生活
文章の書き方
マーケティング
読書日記
メルマガ:KID'S SIGNAL
パンフレット基礎講座
映画・エンタメ
学習
DIY
ブレン
無地のノート
SARASA NANO
生活・豆知識
文具関連名著42
社会
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 10月
more...

検索

その他のジャンル

予定外の出来事で、メルマガ発行が遅れてしまいました。毎日発行していて感じる「予想外の出来事」に対する対処の気持ち。

2022年 08月 17日
予定外の出来事で、メルマガ発行が遅れてしまいました。毎日発行していて感じる「予想外の出来事」に対する対処の気持ち。_e0279055_16093036.jpg
(写真は無料素材。筆者ではありませんので、念のため。(^▽^)/)

みなさん、こんにちは。

このブログでは、毎日メルマガを発行し、そのメルマガの中から、写真などビジュアル要素のある内容や、多くの方に役立つかもしれない内容などを、ブログに展開する、というやり方で運営しております。

で、今日は、メルマガ発行時間がいつもより遅くなってしまった本日のメルマガを、ここで少し紹介したくなったので、そのまま転載します。

以下、メルマガからの転載です。
-----------------------------------------------------------------
このメルマガは、いつもお昼12時に発行しているのですが、ちょっと予定外の出来事がありまして、こんな時間(15:30)のメルマガ発行になってしまいました。

何があったかというと、大雨警報があったからです。

というのは、今日は午後からプールに出かける予定だったんですね。
うちの小学3年生の娘と、近所の1年生の男の子とそのおかあさんとで。

ところが大雨警報があったせいで、いつもはアルバイトに出て、その男の子を学童に預けているのに、今日は警報のために預けることができなくなったのだそうで。
なので、午後の予定のプールを午前中にしませんか? というお誘いがあって、午前中にプールに出かけてきたのでした。

大雨警報のように、天候に左右されると予想はつきません。
一日の予定だって、本当は必ずその通りにできるとは限らないんですね。

ものごと、なんでも予定通りにならないと気が済まないという方もたまにお見掛けしますが、実際にはそんなにうまく行くのがあたりまえと思っていることの方が、本当はおかしいのではないでしょうか。

「人間は神様じゃないので、明日のことは分からない」

というのが、実は僕の口癖なんですね。
だから、あまりに理屈やルールをふりかざして「こうあるべき」と主張するのは、ちょっと違うかな? とも思います。

そしてまた、一日、何が起きるか分からないものなのだからこそ、できるだけやるべきことはルール化して、定番処理は安定的にやれるように、工夫は重ねないとダメだよなぁ、とも思うのです。

人間万事塞翁が馬、良いことも起これば、悪いことも起こります。
だからこそ、大事に考えていることや、実現したい事柄などは、時間を決めて習慣的に実行し、「何も考えなくても行動してしまう」という形にまで持っていくのが良いのかな? と思います。

こういう、ゆるく、でも着実にやっていける手法を、僕は手探りで見つけていこうと思っております。

おかげさまで、昨年の12月からメルマガ発行頻度を増やして、毎日発行に変更したわけですが、着実に習慣として定着してきて、安定的にメルマガを発行できるようになってきました。

生活のリズムを作る上でも、役立っているなと思いますし、何か新しいことを始めようと思う時にも、自分自身の自信にもなり、毎日行動という基本手法で取り組めたりして、面白いものだなぁと思います。

ということで、毎日発行している、本メルマガ「キッズシグナル」ですが、もしこのメルマガを面白いと思っておられたら、ぜひ、お知り合いにも、お知らせ、おすすめをお願いします。

登録フォームはこちら。


予定外の出来事で、メルマガ発行が遅れてしまいました。毎日発行していて感じる「予想外の出来事」に対する対処の気持ち。_e0279055_16025347.jpg

●無料メールマガジン[KIDS SIGNAL]読者登録フォーム
https://www.itm-asp.com/form/?810




よろしくお願いします。

ではでは、また明日。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-08-17 16:13 | メルマガ:KID'S SIGNAL

無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。

2022年 08月 15日
無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01154996.jpg
少し前に、あまり意識することなく、なんとなくダイソーの「300円ペーパーカッター」というのを買いました。
正直、あまり使う事もないかなぁと思っていて、ほとんどほったらかしだったんですが、先日、ふと「ツイストノートメモサイズのリーフをA4コピー用紙から切り出すのに使ったら便利なんじゃない?」と思いつきまして、ちょっと試しにやってみたんです。

そしたらこれが、かなり使える!
もしかしたら、このカッターを使ったカッティング方法を「無地のツイストノートメモサイズを作る標準手法」として確定しておいた方が、より多くの人が無地のメモサイズの便利さを体感できるのかも、と思って、記事を書くことにしました。

このカッターは600円の大判も出ていて、そっちの方だと一度に10枚くらい切れるそうですし、A4コピー用紙が「縦位置」で挟み込めるので、その方が便利かもしれません。

でも、この300円カッターでも、十分に、ツイストノートメモサイズの無地リーフを切り出せます。

まず、基本的に、このカッターは、このように、
無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01320659.jpg
裏面に拡張用のルーラーもついているので、まずそこを押さえておきましょう。ここが分かってないと、リーフの切り出しがどうやったらいいのかさっぱり分からなくなりますので。

ちなみに、この拡張ルーラーの存在を知らない人というのが、かなり多いらしいんです。なので、先に説明しておきました。

さて、では実際にリーフを切り出すにはどうしたらいいかを解説します。
まず市販のA4コピー用紙を用意しましょう。500枚入りで300円~500円くらいでしょうか? もっと安いかな?
で、切り出すサイズを確認します。

無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01361750.jpg
ツイストノートメモサイズのリーフサイズは、120mm×71mmです。これをA4コピー用紙から切り出す場合、いろいろな切り出し方があると思いますが、ここはシンプルに上の図のように「田」の字型に紙位置をとれば、A4コピー用紙一枚から4枚のリーフを作れるということになります。

このペーパーカッターでは、コピー用紙で5枚くらいまでの切り出しができるので、5枚×4で、一度に20枚くらいのリーフを作れる、ということになります。

この300円のカッターだと、A4コピー用紙は横位置でしか切り出せないので、以下のような手順で、まず先に210mmの辺を平行に切っていくのが分かりやすいと思います。
無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01204400.jpg

まず、不要部分を57mm切って、その次はそのまま紙をずらしてリーフの長辺となる120mmで切ると。
その後、カットした用紙部品を90度回転させて無駄部分68mmをカットし、残りの必要部分を71mmで切り分けます。
無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01214423.jpg
あとは、残った部品を、同じように、不要部分の68mm部分を切り取り、71mmで半切すれば、無地リフィル4セット(5枚ずつ)が完成するというわけです。
少し手間だし、白紙で切っていくとどれがどれなのか分かりづらくなるので、画像で解説しました。
このページを見ながらカットすれば、分かりやすいと思います。

この300円ペーパーカッターだと、ここまで6回のカットで、5枚×4セット=20枚ができあがります。

しかし、実際に切り出してみて思ったのは、この不要部分の「68mm」というのがけっこうもったいない感じなんですね。
というのも、リーフの短辺を71mmではなく、70mmに減らせば、A4コピー用紙一枚から六枚のリーフを切り出せるんですよ。

ツイストノートメモサイズを実際に使っていると、実はリングの幅とリーフの穴の幅には多少の余裕があります。
めくったりしないとダメですから、少しリング穴に「遊び」があるんですね。
なので、71mmと70mmというのは、本当に誤差の範囲で充分に活用可能なんです。

特に、後で穴の加工をしますが、その時に少し穴あけ位置を調整すれば、誤差をリーフの左右に振り分けられるので、「左右に0.5mmずつ短い」リーフになります。
リングで綴じてページをめくる作業などでは、ほぼほぼ70mmと71mmの差は実感できません。

なので、横幅を71mmではなく70mmで切り出すと、六セット切り出せるので、5枚×6セット=30で30枚の無地リーフが作れてしまいます。
300円ペーパーカッターだと、A4コピー用紙を使って、

300円ペーパーカッター+A4コピー用紙
(A)6カットで5枚×4セット=リーフ20枚
(B)6カットで5枚×6セット=リーフ30枚

が作れる、ということになります。同じことをダイソーの600円ペーパーカッターでやると、一度に10枚のA4コピー用紙をカットできて、A4コピー用紙を縦にセットもできるのでカット手順も少し減り、

600円ペーパーカッター+A4コピー用紙
(C)4カットで10枚×4セット=リーフ40枚
(D)4カットで10枚×6セット=リーフ60枚

というより少ないカット数で、たくさんの枚数のリーフが作れます。

とは言うものの、そんなにたくさんのリーフをバンバン使うという事自体がそれほど多くなければ、基本的には300円の方で充分なんじゃないの? とは思います。


さて、リーフの切りだしが終わったら、そのあとは、バインド穴を開ける作業です。

これは、もう前からずっと紹介してますけど、専用の穴あけ機を使うのが吉ですね。
無地のツイストノートメモサイズのリーフを作るのに、ダイソーのペーパーカッターを使うとかなり良いです。_e0279055_01270310.jpg
リヒトラブ ワンサードパンチ ツイストノート用 34穴 P1603

この穴あけ機は本当に買って良かったと思った商品です。

多少、値は張りますが、使用頻度と応用の広さを考えると、十分に元が取れる価格だと思います。

穴あけ工程は本当に左端のラインに合わせて5枚セットを一気にカットするだけです。

今回の無地リーフ作成で言うと、71mm幅を70mmにした場合だけ、左端を目印のラインより0.5mm程度内側(右側)にリーフをずらして削孔する必要が出てきます。
この工程は「勘」でやるしかないと思いますが、まぁおおむね問題なくできると思います。

ということで、無地のツイストリングノートメモサイズのリーフの切り出しは、今後はこういうやり方をベースにおすすめしていきたいと思っております。

無地リーフにご興味のある方は、参考にされてください。
ではでは。


毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-08-15 11:59 | ツイストノートメモサイズ

夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。

2022年 08月 10日
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_10414205.jpg
■夏は暑い。でも、ウォーキングなどの手軽な運動もしたい。

暑いですね。
今年はかなりの暑さです。6月で40度を超えた地域があるくらい。

あまりに暑いと、外に出る気がしません。
なので、ちょっと気を抜くと、健康のためのウォーキングがおろそかになってしまうんですよね。
誰だって、こんな暑い日にはクーラーの良く効いた部屋で、冷たいものでも飲みながら、ゴロリと横になっていたいものです。

とはいうものの、そうやって気を抜いていると運動不足になって、筋力が落ち、いろんなことがおっくうになって、「うつ」とは言わないまでも、夏バテがちょっと重たくなって、秋口に疲れがどっと出てしまう、なんてことになりかねません。

夏場は、食事にしても冷たいうどん・そば、あるいは味の濃いカレーのようなものなど、同じようなものばっかり食べて、栄養が偏りがちなんですね。
だからなおさら、ウォーキング程度の軽い運動は、無理しない範囲で続けておきたいものなわけです。

で、先日から、ちょっと散歩に出る、という時に「日傘」を差して歩いてみることにしたんです。
なんせ暑いですから。
地獄のようだ。

それで、日傘を差して歩いてみると、想定していたより、はるかに、暑さが軽減できたんですね。

「やっぱり全然違うな」

と思ったので、今後は昼間に散歩に出かける時は、必ず日傘を持って出て、日の射すところでは必ず日傘を差すようにしました。
暑いとはいえ、日差しがあって乾燥している時は、木陰などはとても涼しくて、けっこう快適なんですね。

で、日傘というのは、単純な話、「持ち歩き木陰」を手に入れたようなものなのです。
ジリジリと肌をえぐるかのような「熱い」日差しが一気にやわらぎ、けっこうな距離を歩いたりできます。

■効果のある日傘を使おう

で、ここで言いたいのは、まずひとつは「市販の日傘は効果的なものとあまり効果がないものと玉石混交だよ」ということ。

遮光率とかが表記されていたりはするので、それが目安にはなりますが、時たま「これ全然効果ないよ」とか「逆に暑くなるで、これ」と思うものも交じっていたりします。

僕が使っている日傘が、写真のものなんですけど、これが効果が高い日傘なんですね。
外側が銀色の反射素材。内側が黒色の布で光の吸収素材。

こういう組み合わせだと、太陽からの日差しは反射して暑さを軽減してくれて、内側の黒色素材が地面からの反射熱を吸収してくれて熱がこもるのを防いでくれるのです。

ところが、時折、これと真逆のデザインの日傘が販売されたりしてるんですね。
外側は黒とは言わないまでも、華やかな花柄とかのデザイン布地で、内側に銀色の反射素材がついているようなもの。

これはねー、暑いんですよ。ものすごく。
もちろん直射日光を浴びないから、多少はマシなのかもですが、内側が反射素材というのは、かなりムシ暑くなります。もうずっと地面からの輻射熱を照り返しで体に受けることになるので、半端ない暑さになります。
使わない方がマシかもしれない。

なので、「外銀、内黒が最強」と覚えておいてください。スーパーとかホームセンターとかでも売ってるかと思いますが、とにかく買うなら「外銀内黒」でよろしく。

■季節の変化を想定して対策を考えるのが「継続」させるポイント

で、この「夏場のウォーキングには、日傘を持つと効果的」というのは、たとえば、夏の散歩というと早朝や夕方の涼しいい時間に、という大前提を、昼間の暑い時間でも散歩可能にしてくれる、かなり重要なノウハウだったりするんですね。

で、これは、何事をするにつけても重要な「ツールを上手に使って継続力を高める」という話につながるんです。

夏場だけ散歩の時間を変更したりすると、「習慣」としての定着率が下がるわけです。
生活のリズム、というのがあるから、同じ習慣は同じ時間帯に集約できる方が、あまり考えずに習慣行動を継続できるので、日傘による昼間時間の活用というのは、かなり大切なです。

このあたりは、たとえば手帳をつけるとか、メモを取るとかの環境整備と同じことなんですね。
たとえば春や秋なら、ジャケットを着ていて内ポケットがありますから、いつでも手帳を取り出せる機動性が確保できますが、夏場になると上はTシャツを良く着るという人だと手帳はカバンに入ってしまって活用頻度がグンと落ちます。

だから、そういう事を手当てしてやる必要があるんです。手帳の場合なら、夏場でも胸ポケットのあるTシャツを着るようにするとか、散歩なら、日差しには日傘ですけど、梅雨の時期なら普通の傘とレインシューズが必要でしょう。

「継続」とカンタンに一言で言うけれど、継続しやすい環境を環境の変化を見越して準備する、ということもかなり大切だと思います。

■歩いているといいこともある。

ということで、今日も散歩をしてきたのですが、歩いていれば、いまの時期だと、サルスベリ、キキョウ、ムクゲ、ネムの木など、いろいろな花を見ることもできます。
それはそれなりに楽しいものです。日傘があると、周りを観察する余裕も出てくるのですよね。

ということで、今日撮った、花の写真をいくつか紹介して、今日は終わります。
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_11442927.jpg
↑サルスベリ
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_11444078.jpg
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_11444789.jpg
↑キキョウ
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_11445806.jpg
ムクゲ
夏場の散歩は「日傘」が必須。早朝や夕方以外の時間も、ウォーキングタイムにできるのです。_e0279055_11450483.jpg
ネムの木

ということで、日傘があれば、夏の散歩も楽しくなりますよ。
ではでは。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-08-10 12:00 | 生活

ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。

2022年 07月 30日
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_00181517.jpg
ツイストノートメモサイズを使っていて、ちょっと困るのは、「表紙」が良く「反る」という事。
なんと言うか、PPが曲がってしまって気持ち悪いのだ。
こんな感じ。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_00202596.jpg
これ、メーカーのlihit labに問い合わせたら、この表紙と印刷物などを接触させていると印刷物の油分を吸って反ってしまうと言う話を聞きました。
まぁノートごと「専用ポーチ」みたいなものに保管すりゃこう言う問題は起きないのかもしれませんが、そんなことしたら、パッと出してサッと書く、このメモ帳のメリットが台無しになってしまう。

どうしたものかなぁと考えていて、そうだ!自分で表紙を作れば良いのだ! という結論に辿りついてしまったのです。

幸い、ツイストノートの専用パンチである「ワンサード34穴パンチ」は購入してあるので、多少の厚紙なら、穴を空けることもできるだろうと思ったのですね。ワンサード34穴パンチはこれ。
それなりの値段はするので、購入にはすこしためらいましたが、買って良かったという満足感は、ツイストノート関連のツールの中ではダントツの1位ですね。

で、たまたま、100円ショップに出かけた時に買っておいた画用紙があったので、これを使おうと思ったわけです。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_01335325.jpg
ダイソーの色画用紙「くすみカラー」セミB6のサイズです。
これをカッティングして使えばいいやと思ったわけです。

ちょうど、同じくダイソーさんで、こういうペーパーカッターを購入していた、ということもあったので。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_01393622.jpg
ガイドに用紙をあてて、スライダーをサッとひっぱるだけでキチンと直角が取れたラインで紙がまっすぐに切れます。けっこう気持ち良いのです。

で、ツイストノートメモサイズの「表紙」のサイズはリーフよりは少し大きいので、実測してみたわけです。
そしたら、「72mm×120mm」でした。
自分でも作ろうかなと思う方はメモっといてください。

で、上記サイズで切り出して、パンチで穴を空けたのがこんなパーツです。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_01441741.jpg
ただ、このままだとやっぱり厚みが薄くて頼りないので、僕は一応、同じサイズのものを3枚用意して、糊で3枚を貼り合わせて厚みを確保しました。
やってみた感じでは4枚以上の方がより良いのかもしれません。

で、これまたダイソーでたまたま買ってあった「お名前スタンプ」のアルファベットの中くらいのサイズでタイトルだけ入れました。
これが「お名前スタンプ」
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_01520501.jpg
サイズもいろいろ集めてまして、箱に入れて使いたいときに文字をポン!と打ってます。
そうしてできたのが、この表紙。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_01541217.jpg
NOTEというのは、それこそ「ノート」を取る時用なのですね。
本を読んでハッと思った時にメモをするとか、各種の講座などをネットで見ている時にメモするとか。文章形式でメモすることも多いので、基本横位置に置いて、どんどんメモをしていく感じです。
そういう用途に特化して使っているツイストノートメモサイズを「NOTE」というタイトルにして活用しているのであります。

こんな感じで完成したのが、このブログトップにあった写真のメモです。
これね。
ツイストノートシリーズは「表紙が反る」のが欠点。画用紙を使って自作の表紙を作りました。_e0279055_00181517.jpg
紙の表紙は、汚れはつきやすいので、あまり長期に使う事は想定してないんですけど、紙でできているなら、多分、PPの表紙のように「反る」ということはないと思うので、けっこう気にいってます。

LIHIT lab さんの hirakunoシリーズのツイストノートメモサイズは、リング径が大きいので、たくさんの用紙を入れておき、再読したりするのにちょうど良いのでけっこう使っているのですが、リング径が大きいということは、それだけ長い時間持ち歩きすることが多いということでもあります。
その間にどうしても、表紙が反ってくるんですよね。

PPじゃなくて厚紙の表紙とか出してくれないかなぁ、リヒトラブさん。
お願いしますよ。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-30 12:18 | ツイストノートメモサイズ

何かにトライするなら、いつも横に置いておきたい「才能を伸ばすシンプルな本」をご紹介します。

2022年 07月 29日
何かにトライするなら、いつも横に置いておきたい「才能を伸ばすシンプルな本」をご紹介します。_e0279055_13075300.jpg
今日は、


を紹介します。

タイトルに、「シンプル」と入っていますが、これ、本当にシンプルな本なのです。

全173ページなのですが、とにかく文字量が少ない! 驚くほどに文字の量が少ない本なのです。

まるまる一ページを章扉に使っていたり、項目が変わるたびにページも変わるので白紙部分が発生するとか、とにかく文字の書いてないページがものすごく多いんですね。

なので、本当に、あっという間に読み終えてしまいました。

じゃあ、内容も薄かったのかというと、これが全然逆でして。もう本当に超大事なことを具体的なノウハウの形で分かりやすくシンプルにまとめてあるんです。

各項目ごとに内容は異なるものの、それぞれの内容は無茶苦茶に濃かったんですよ。
これは本当に「才能」を伸ばせるよなぁ、すごいなぁと感心してしまいました。

すごく面白かったし、意義深い本でした。

原題が「The Little Book of Talent」ですから、Theがついているので、
「(これこそ)才能のための小さな本」という感じでしょうか。

内容を説明すると、世界中にある「才能開発施設」を訪問して、そこで行われている練習や方法論などを調べ上げ、どこでも共通して大事にされている「ポイント」だけを抽出して、簡潔に要約してまとめあげた一冊なのです。
その才能開発施設はスポーツ、芸術、音楽、ビジネス、数学と、実に多彩です。
そりゃもう、世界第一級の「教え」が詰まっているわけですから、それはそれは濃いこと間違いなしです。

こんな風に、学習するジャンルは多様でも、人が何かを学ぶためには「脳」を使って行うわけで、効果的に「練習」する方法には脳科学的に根拠のあるノウハウがたくさんあるわけです。
そういう共通ノウハウ、スキルというようなものを紹介してくれているのです。

つまりは才能を伸ばすために、どうやれば効果的なのかの、

●秘訣集

と言えるでしょう。
その秘訣が全部で52個詰まっています。

これは素晴らしい!

タイトルを付けなおすなら、
「才能を最短で、必ず伸ばすための52の秘密」
とでもすべきだと思う。
こういうタイトルなら売れそうやなぁ。

そして、紹介されている「秘訣」が、ものすごく具体的なんですね。

たとえば、
・ペースを落とす
・仮眠をとる
・くたくたになる前にやめる
・目を閉じる
・練習スペースを縮小する
などなど。

タイトルを聞いただけで「あ、そうなのか」と思うものもあれば、「なんで?」とか「どうやるの?」というものもありますが、そのあたりは本文を読めばよく分かるようになっています。

僕としては「背伸びをする」という考え方にとても共鳴しました。
何かに取り組んでいるなら、ほんの少しでいいから、いまよりちょっとだけ背伸びをして「しんどい練習」をやってみるのです。
それを繰り返していると、筋トレと同じように、能力が強化されて、「しんどかったこと」が「気軽にできること」に変わっていくのです。
この、ほんの少しのしんどさを求めること。それが「背伸びをする」ということなんですね。

そういうことが「背伸びをする」という一言に集約されています。

すごいなぁ、分かりやすいなぁと感心することしきり。
そういう秘訣が52個も入っているのですよ。実に素晴らしい。

で、読んでいくと、やっぱりというか、さすがというか、先日紹介した「やり抜く力 GRIT」の話もちゃんと出てくるのです。
そらそうやなぁと思いつつ、効果的な才能の伸ばし方を考えている人はお互いに通じ合うのだろうなぁとも思ったのでした。

人には、才能がある。
それはちゃんと引き出せば必ず出てくる。
それを本当に引き出せる方法があるなら確立して、みんなで使おう。
みんなで「才能あふれる人」になろう!

ということなんだと思うのですよ。

先日紹介した「やり抜く力 GRIT」もそうだし、そのGRITを書いたアンジェラ・ダックワースさんの先生であるロバート・セリグマンの「オプティミストはなぜ成功するか」でも、同じバイブレーションがあるのです。

才能のあるなしが大切なのではなくて、誰もに眠っている才能を、いかに引き出すのか。その方法論こそが大切だ、という考え方です。

その方法論が確立されれば、その先にあるのは、誰もが自在に「才能を伸ばせる社会」というのがやってくるわけです。

これこそが本当に素晴らしいことなんじゃないかなぁと。

そういう観点で、とても良い本だなぁと感じました。

楽器の練習をしているとか、スポーツに何か取り組んでいるとか、資格を取るために勉強しているとか、そういう「自分を伸ばす」ということに取り組んでいる方は、この本をいつも自分の横に置いておき、時たまパラパラっと見ると、すごく効果的な練習方法を思いつくかもしれません。

ぜひご一読くださいませ。
なかなかに良い本でした。



毎日メルマガやってます。内容はブログの下書き。公開前の情報満載です。
無料[メルマガ登録]はこちらをクリック!←なんとなく気になったらGO!


# by kids1226 | 2022-07-29 12:00 | 読書日記