言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

タグ:本 ( 6 ) タグの人気記事

自分を大切にすれば世界に平和がやってくる。

KID'S の本棚:「読了書籍の抜き書き帖」今日もまた、メルマガでやっていた「抜き書き帖」からの転載です。
紹介する書籍はこれ、
e0279055_11551523.jpg
●1分間自己革命―自分を大切に生きる心のトレーニングBy S. ジョンソン
http://astore.amazon.co.jp/kids1226-22/detail/4478730350
です。
これもかなり古い書籍ですが、この本は私がフリーランスで仕事をするきっかけを作ってくれた書籍でもあります。そのあたりの話は長くなるので割愛しますが、読み直すたびに感銘を受ける部分が変わってくる、私にとっては、とても大切な本です。今回はその中から、154頁の一文を抜き書きします。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-04-24 12:15 | 読書日記 | Comments(0)

第02号:人間には超能力があると、考えた方がお得。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
KID'S SIGNAL NO:001.
キッズシグナル:創刊準備第二号
2013.1.26
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

読者さん こんばんは。
KID'S COMPANY 木田茂夫です。

昨年暮れにメルマガ準備号を発刊しましたが、
配信システムもやっと決めて、これがその新システムでの第一号です。

ただまぁ、お名刺を交換させていただいた方にも送信したいなぁと思っているので、
その個別の確認がなかなかできず、

「とりあえず登録くださった方用に第二号を書こう!」

と思って、
第二号をお送りすることにしました。

---------------------------------
■近況報告
---------------------------------
ということで、まずは、お約束の「無料レポート」についてです。

最近はメルマガ登録くださる方もポツポツと増えてきておりますので、
急いで仕上げなければと構成を練っておるのですが、
いまひとつ確定できないところもあって、悩んでいるところです。

とはいえ、悩んでいても先に進みませんので、とりあえずは、
無料レポートの

●販促ツール:作ってみなくちゃ分からない15の秘密

と、

●コピーライターが教える:稼ぐための「ライティング基礎講座」

の二つの小冊子の、現在の構成案(内容目次)を、
ホームページの方に掲載いたしました。

アドレスはこちらです。
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/minibook.htm

今後、随時書いて、一冊の形にまとめていくことになります。
いましばらくお待ちください。

どちらの小冊子も、僕が長年コピーライターをやってきた中で
実感した事を中心にまとめております。
一般的な入門書などに掲載されている教科書的な話は
できるだけ省いて、「ここだけの話」になるように努力しておりますので、
お楽しみにしてください。





…続きを読む
by kids1226 | 2013-01-26 11:51 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)

第01号:お待たせしました! 創刊準備号をお送りします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
KID'S SIGNAL NO:000.
キッズシグナル:創刊準備号
2012.12.30
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

みなさん、いつもありがとうございます。
KID'S COMPANY 木田茂夫です。

2012年も押し詰まりましたが、
年末、とにかくメルマガ登録してくださった方に、
創刊準備号をお送りしようと思って書いております。
メルマガは、配信システムをどうするか? とか、
仕事上でお付き合いある方に送る場合にどうするかとか、
ブログとメルマガの内容の違いをどうするか?とか、
いろいろ悩みながら、計画中です。

でも、来年のはやいうちに、定期的にお送りできるよう、
ただいま準備中というところです。



…続きを読む
by kids1226 | 2012-12-30 11:47 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)

アイドマからアシカへ。広告理論も変わらなきゃおかしい。

e0279055_10524613.jpg■広告業界で使われてる「AIDMAの法則」って、もう古くない?

広告関連の仕事をしていれば、「AIDMA(アイドマ)の法則」は聞いたことがあると思います。

Attention(注意・注目)
Interest(興味喚起)
Desire(欲望促進)
Memory(記憶残留)
Action(購買行動)

という流れに沿って広告は組み立てられ、購買行動に結びつくというものです。

しかし、この理論、1920年代に打ち立てられた理論で、インターネットが出来た現代でも、いまだに広告、とくにマスコミの世界では、この古いマーケティング理論で広告活動や販促企画が立案されているというとんでもない現実があるわけです。

それに対して「それはもう役に立たない。これからはASICA理論だ!」と、新たな理論を打ち立てられたのが、一般社団法人 日本BtoB広告協会の副会長をされている河内英司さん。「ASICA理論」というまったく異なった流れを以下のご本で紹介されています。


ASICAれ! ―ホスピタリティがビジネス・広告・会社を変える―

河内 英司・著

http://astore.amazon.co.jp/kids1226-22/detail/4526068934


しっかり読ませてもらいましたが、いやほんと、私、赤線引きまくりでして、いまも再読の最中なんです。いつまでも読んでても仕方ないので、とりあえず紹介しようと。そういうことでして。


■何度読んでも、目ウロコの話が目白押し。

この本には僕からすると、目ウロコの話が山盛り載っていて、「そうよなぁー、その通りやわなぁ」とうなづきまくらないとしょうがなくなってしまいます。

河内さんは、私がお世話になった方で、いわば師匠筋とも言える方なんですが、さすがに先を行ってる人は視点が違うと勉強になることの連続であります。これからのマーケティング、特にBtoB(企業間取引)の仕事をされている方には必読の書ではないでしょうか。

注意点としては、

…続きを読む
by kids1226 | 2012-10-25 10:56 | 読書日記 | Comments(0)

だから御社のWEBは、二度と読む気がしない

「だから御社のWEBは、二度と読む気がしない」という書籍を読了しました。WEBにおける、「文章」の重要性をアピールしている書籍です。内容的にうなずくことが多く、多くの企業の方々、WEB制作会社の方々にお勧めしたい内容です。

e0279055_14135889.jpg
●だから御社のWEBは、二度と読む気がしない
お得意様を獲得する驚異のWebライティングメソッド
By 戸田 覚



インターネット、とくにホームページによる企業アピールの手法は、生まれてまだ10年しか経っていないということもありますし、また、より規模の小さい企業の方にこそメリットの大きいメディアということもあって、文章よりもデザインを重視される傾向にあります。

しかし、実際の制作においては、なんといっても頁構成を決めるのは「言葉」です。誰に何を「言う」かが決まっていなくては、実のところデザインもできません。

ところが、

…続きを読む
by kids1226 | 2010-04-05 09:12 | 文章の書き方 | Comments(0)

理科系の作文技術を読んで

いま、本業をキチンとさせねばと思って、いろいろと文章の書き方に関する書籍を読んでいます。

最近感心したのは、名著と名高い「理科系の作文技術」。昔にさらりと見ただけで、しっかりとは読んでいなかったのですが、さすがに名著と呼ばれるだけの事はあります。

この「理科系の作文技術」で書かれていることは、ライターをしていれば当然の事が多く書かれていて、「その通り!」と思う内容だらけなのですが、それでも、文章を書くのが苦手な方にとっては、こういう基本的な事に悩むのだろうな、と思います。

続きを読む…
by kids1226 | 2010-04-01 15:30 | 文章の書き方 | Comments(0)