言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

文章を書くという作業は、実は「無意識」の世界の作業なのです。

e0279055_12052389.jpg
このブログでは明示しておりませんでしたが、4月の22日からブログの毎日更新を続けてまいりました。

で、昨日がちょうど100日目だったのですね。
今日が101日目です。

いちおう毎日更新は今日でいったん終了して、また不定期に書く形に戻したいと思っています。

日本には「お百度参り」という風習があります。

神社などに百日間参り続ける「百日詣で」が本来の姿なのですが、「そんなに日にちをかけてられないよ」というので神社の入り口から鳥居をくぐって拝殿まで行き、また入り口まで戻ってというのを百回繰り返せば、百日詣でと同じ効果がある、としたものです。

ただ、これ、どっちも100回なんですよね。100という数字には少し限界を超えるとか、そういう意味があるのかも知れません。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-31 12:15 | 文章の書き方 | Comments(0)

本の読み方・整理の仕方

e0279055_14225941.jpg
■図書館は使わない。

長年読書をしてきて、最近かなり読み方が固まってきたので、少し書いてみたいと思います。

まず、図書館は使わないということです。

この後に書くノウハウとも関係するのですが、よほど入手困難な書籍以外は出来るだけ購入して読んでいます。

というのは、やはり「借り物」は借り物でしかない、ということですね。
読んでいる時の集中力も違うし、何より本に書き込みとかが出来ません。

(それに加えて、出版業界にキチンとお金を落としたいというのがあります。近年は全国で図書館が充実してきたせいで、本来なら購入して買うような書籍でも「図書館で済まそう」という風潮があって、あれはかなり良くないと感じています。実際、身につかないし、小説のような娯楽本ですら、感動は薄まります。嘘だと思ったら昔図書館で借りて面白かったなぁと感じた本を買って読んでみてください。その素晴らしさにもっと感動すること間違いなしですから。)


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-30 14:50 | 読書日記 | Comments(0)

ブラインドタッチ練習ソフトの開発始めています。

●ブラインドタッチの練習ソフトを開発しております。

最近、コピーライティングだけでなく、いろいろな「製品」の開発に手を出しております。

まだ、開発途上のものばかりなので、具体的にお知らせできるようなものは何もないのですが、いざやってみると、どれもこれもとても面白いですね。

そんな中、少し形になってきているのが、ブラインドタッチの練習ソフトです。

いちおうWEBアプリの形で、WindowsマシンであろうがMacであろうが動くように作っております。




こちらが、その開発中のソフトの画面。ま、そっけないですけど、確実にブラインドタッチは身につく内容だと自負しております。



…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-29 13:08 | 文章の書き方 | Comments(0)

手に入れたパンフレットを、製品購入の決裁者に手渡そうと思ってもらえるか?【パンフレット:展示会場から引合までの10の関門(10/10)】

e0279055_13170322.jpg
さて、長々と続けてきた「パンフレットの旅」も最後のお話になりました。

展示会でふと気になったパンフレットを手に取り、持ち帰り、じっくり読んで製品やサービスのメリット・ベネフィットを理解して、パンフレットに書かれた連絡先に連絡するところまできました。

そう、待ち望んだ問い合わせ、引き合いがやってきたわけです。

これさえあれば、できる営業マンなら、成約まで持っていくのはそう難しくはないでしょう。

めでたしめでたし。

もう、パンフレットの役割は終えました…となるのでしょうか?

いえ、実は、ここからまた、もうひとつ、大きな仕事、役割がパンフレットには残されているのです。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-28 13:20 | パンフレット基礎講座 | Comments(0)

子供のパワーと商品のパワー。どちらも枠を超えて広がる。

e0279055_11575737.jpg
●子供の笑顔は、世の中の枠組みを超えて人と人をつなぐ

結婚が遅かったせいもあって、歳をとってからやっと子供の存在のすごさ、というものがわかってきまして、いろいろと学ぶことが多いのです。

最近、特に思うのは、子供が人と人との垣根を取り払い、枠を超えて人をつなぐパワーのすごさです。

普通に結婚して子供を持っておられる方なら、「我が子」が、自分の子供でありながら、本来見ず知らずの他人であった伴侶の親兄弟とも強力に結び付けてくれる力を持っている事は実感されていると思います。

伴侶の親兄弟、あるいは親戚というのは、直接には自分とは血のつながりはないし、話題も乏しく、会話もままならないのが普通です。

ところが、


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-27 12:10 | マーケティング | Comments(0)

超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PHP新書)

e0279055_19164581.jpg
今日は久しぶりに読書日記です。

ご紹介するのは、


です。

大阪市に住んでおられる方以外は、あまり話題にもなりませんでしたが、すでに完全に否定され推進されなくなった「大阪都構想」という改革案(とすら言えない)を「問題あり」と正面から否定されてたのが、この本の著者の藤井聡先生です。

で、この書籍は、「大阪都構想」(構想というような大したものではなかったですが)よりも、もっと本質的なところから、日本のあり方や、いまの不況などを改善するための方策としての「インフラ論」を提起されておられまして、それを一冊にまとめたのが、この本ということになります。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-26 19:23 | 読書日記 | Comments(0)

パンフレットで得た情報を、お店や営業マンに問い合わせてみようと思ってもらえるか?【パンフレット:展示会場から引合までの10の関門(9/10)】

e0279055_15485285.jpg
展示会での偶然の出会いから、パンフレットを手に取り、開いて持ち帰り、読んで、商品を欲しいなと思うところまでやってきました。

ここまでくれば、パンフレットの役割の8割は果たしたことになるでしょう。

残りは、パンフレットの役割でもかなり重要な最終的な「結果」に結び付くかどうか? というポイントになってきます。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-25 15:52 | パンフレット基礎講座 | Comments(0)

仕事とは、困っている人を助ける「行動」の事である。(仕事を発生させる方法)

e0279055_11264739.jpg
仕事とは何か?

ということを、少しキチンと考えてみようと、ふと思いました。

で、いつもブログを書くときに写真を添えるためにフリー素材の写真サイトに良く行くのですが、その写真サイトで「仕事」で検索をかけてみたわけです。

そこで出てきた画像の代表例をいくつか挙げますと、

・さまざまなグラフ
・キーボードと木の葉
・オフィス ビル
・ノートと付箋
・大人の書斎
・メガネとノートパソコン
・ニューヨーク・マンハッタンの高層ビル群
・デスク
・クリップとメモ
・フォークリフトでの積荷作業
・コルクボード
・握手
・外国人ビジネスマン
・日本人サラリーマン

と、実に見事にバラバラなんですね。
いつもはもっと同じような写真が並んで「おもしろくないなぁ」と思うのですが。

だから多分、「仕事」というのは、それだけ多種多様な価値観を含んでいるコトバなんでしょう。

こんな多様な価値観の概念に、共通の「定義」とかあるのかなぁ? と思ってしまうのですが、ちょっと考えてみましょう。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-24 12:00 | マーケティング | Comments(0)

一度読んだパンフレットを、もう一度読んでみようと思ってもらえるか?【パンフレット:展示会場から引合までの10の関門(8/10)】

パンフレットを展示会で手に取って、持ち帰り、読んでいただくところまできました。

e0279055_13164227.jpg
前回お伝えしたのは、製品・サービスのメリットを印象的に伝える、ということでした。

印象的な伝え方をしてあれば、その情報は、お客さまの頭の中で何度か繰り返し思い出していただけます。



「ああ、そうだよ、もし私が、こういう事をしたいのなら、あの製品のあのメリットを活用したいな」



と、具体的なお客さまが「活用したシーン」で、あなたの製品やサービスの事を思い浮かべてくれるかもしれません。

「いま、この作業を繰り返してるのが簡単になるのかな?」

「いま、この面倒な状態を、あのサービスにおまかせしちゃえば楽なのかな?」

という具合に、自分の「困っている状況」に即してあなたの製品・サービスのスペックや条件などをあてはめてみようと考えたりもしていただけるかも知れません。

でも、


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-23 13:17 | パンフレット基礎講座 | Comments(0)

学習とは「辛くなくなる」過程である。

e0279055_12471170.jpg
今日は、いつもとは少し違った話。
最近思う「学習」についてです。

学習というのは、何かを学ぶことなのですが、学ぶ態度を身に付けているかどうかは、長い人生を見通した時にかなり重要なポイントになります。

知識であるとか、ノウハウであるとか、スキルであるとか、何かを身に付けると、それまでとは物の見方も変わりますし、時と場合によっては、人生そのものが変わる場合もあるでしょう。

最近、ネットで読んで「なるほどなぁ」と思ったのは、妻をなくした(のか、離婚したのかちょっと忘れました)子持ちの男がいて、子供は女の子だったので、髪の毛をくくってあげるのが不得手だったという話です。

まぁ男で女の子の髪の毛をくくるのが得意な人は、まずいてないでしょう。


…続きを読む
by kids1226 | 2015-07-22 12:57 | 読書日記 | Comments(0)