言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

第106号:今回は、僕が学んだ広告ノウハウの中で一番役に立った「コピープラットフォーム」についてお伝えします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[KID'S SIGNAL] キッズシグナル●第106号●2017年1月24日(火)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

みなさん、いかがお過ごしですか?


さて、アメリカではトランプ大統領が正式に就任して新しい時代がはじまりました。


マスコミの多くの識者が「予想外の展開だ」と口にしていましたが、
少なくとも僕が信用している評論家で、お二人ほどは「トランプが大統領になる」と断言されていました。


そして、僕としては、そのお二方の意見が一番納得できるものだったのです。


広告やマーケティングの仕事というのは、こういう社会動向を予測し、こうなるだろうという、
確からしい方に舵を切るということも役目のひとつとして持っているのではないでしょうか?


今後とも、そういう研鑽・知見は高めていきたいものだと考えております。


(今回の大統領選はグローバリズムからローカリズムへの地球的大転換という潮流が背景となっています。
簡単に流れが変わることはないと思います。)


ともあれ、こういう変転変化の時代には、時代を越えて変わらない価値観や方法論を、
しっかり見つめなおすことが得策。


ということで、今回は、僕が広告の考え方を学んできた中で、もっとも有用だったノウハウについて、
少し書いてみたいと思います。




広告・マーケティングのノウハウ・スキルというと、AIDMAの法則だとか、MECEな要素チェックだとか、
4Pによる分析だの、マトリクスによる4象限分類だの、小難しいものが多いと思います。


でも、そういうノウハウは少し細目に入りすぎてると思うのですね。
誰にでも使えて、それでいてとても効果のある手法というものではないと思います。


でも、長年コピーライターをやってきて「この考え方が基本だよなぁ」と思い、
幅広く多くの方の役に立つなぁと思うのが、


●コピープラットフォーム


の考え方です。


これはどういうものかというと、一言で言うと、


「商品の仕様・スペックをお客さま目線で言い換える手法」


ということになります。


やり方はとても簡単です。


なんでも良いから、ノートに縦線を一本書いて、
棒線で区切られた片方に、商品(またはサービス)の「仕様や特長」を列挙します。


次に、その書き上げた項目を上から順に、一つずつ、チェックして、


「お客様にとってのメリット・ベネフィット」


に言い換えたらどうなるか?を考えて、縦線の反対側に書き出していく、
というものです。


たったこれだけの実にシンプルな手法ですが、これこそが
広告の神髄と言っても良いくらい重要な手法だと思います。


仕様や特長は、商品を提供している人間にとっては、ごく当たり前の常識に
なってしまっています。


けれど、その仕様や特長が、お客様にとってどういう快適さや生活の変化、
あるいは考え方の変化を引き起こすのか? までを、一度客観的な目で見つめなおす。


そういう作業をするために、この「コピープラットフォーム」というのは、
本当に大切です。


別に広告を作るためだけではなく、WEBのコンテンツ制作にも役立つでしょうし、
業務改善にも役立つかもしれません。


かなり汎用性の高いノウハウだと僕は感じています。


と言いつつ、実は、最近は仕事の上で「コピープラットフォーム」を書き上げることは、
あまりないんですけどね。


いつも頭の中で、それを繰り返し繰り返しシミュレーションしてますから。


「これはお客様視点で見るとどうなるのかな?」


というシミュレーションですね。


この「立場を違えた物事の見方」こそが、マーケティングの根幹だろうと思います。


立場が変われば、感じ方や考え方も大きく変わる、
という事は、すべてのジャンルに応用できるのではないでしょうか?


ということで、今回はこの辺で。


ではまた次回をお楽しみに。
(今回ご紹介の「仕様・特長」「メリット・ベネフィット」がどういう要素であるかを確認されたい方は、
このメルマガ1月16日発行の104号を参照してください。)
※バックナンバー一覧は、まだ96号までしか整理してません。また整理しますのでしばらくお待ちください。

[了]------(2017.1.20 旧暦:師走二十三日)


------------------------------------------------------------------------
●KID'S SIGNAL バックナンバー はこちら
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/kidssignal/

●メルマガ読者限定:私の制作物紹介(ポートフォリオページ)
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/portfolio/

●KID'S COMPANYへのお問い合わせはこちら
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/response.htm

■KID'S COMPANY サービス一覧
http://kidscomp.exblog.jp/25074844/
人手不足を現有社員でまかなうためには、印刷物による
「理念の共有」「セールストークの共有」「提案企画の記事化」が
とても効果的です。ぜひご検討ください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
コピーライティングならおまかせを!
コピーライター 木田茂夫 :kids@saturn.dti.ne.jp
携帯:090-8523-4204
---------------------------------------------
ホームページ:KID'S COMPANY http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/
ブログ:コトノハコトバ http://kidscomp.exblog.jp/
●文具関連ページ
SD FAN CLUB http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/sd/
デジアナプロジェクト http://blog.livedoor.jp/kids1226/
---------------------------------------------
ブラインドタッチ練習ドリル WEEK 好評公開中!
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/week/
------------------------------------------------
木田茂夫が面白い!と思った本をご紹介
キッズボックス・ブックストア
http://astore.amazon.co.jp/kids1226-22?_encoding=UTF8&node=28
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

by kids1226 | 2017-01-24 16:08 | メルマガ:KID'S SIGNAL | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。