言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
未分類

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
more...

僕が、いつも持ち歩いている、メモを取るためのメモ帳(ツイストリングノートメモ)を公開します。かなり「カスタマイズ」しています。

e0279055_11011166.jpg

今日は、少し、いつも僕が持ち歩いている「メモ帳」について紹介してみたいと思います。
上の写真が、その「メモ帳」でして、一見、パッと見は、どこにでもありそうな、「普通のメモ帳」に見えますよね?

でも、こんなメモ帳は、世の中では売ってません。かなりいろいろ、工夫してカスタマイズしております。




このメモ帳のカタチが固まって以来、もう何年も経っているのですが、安定的にずっと使い続けておりまして、いまや手離せない、かなり重要なツールになりつつあります。

(と言いつつ、最近はiPhoneの音声入力が、かなりこのメモ帳の立場を脅かしつつあるのですが、それはまたいずれ書きます。)

基本は、このブログでは何度も紹介しているLIHIT LAB さんの「ツイストリングノート」のシリーズです。7cm × 12cm の上方向にめくり上げるタイプの小さなメモ帳ですが、ツイストリングノートシリーズ同様、リングを開いて、リフィルの差し替えが簡単にできます。
こんな感じです。

(上記解説図はLIHIT LABさんのページからリンクしてます。)

ツイストリングノートはシリーズも多いですし、全体の概要については、こちらを参照ください。

●LIHIT LABによるツイストリングノートの公式な説明動画



当ブログでも基本的な話は何度か書いてます。

で、このツイストリングノートの「リフィル抜き差し構造」をそのまま「手に持てるメモサイズ」にしてくれたのが、「ツイストリングノート・メモタイプなわけです。
正直、この7cm×12cmという手のひらサイズの「メモタイプ」が出た時には狂喜乱舞いたしました。
いや、本当にこういうタイプのメモ帳が欲しくて欲しくてしょうがなかったからです。

メモなんて、メモをする頻度が低い人には「綴じタイプ」の差し替えできないもので充分なんですよ。だから、しち面倒くさい「差し替え可能タイプ」なんて、世の中に出回ってなかったわけです。

でも、僕は職業柄、とにかくメモすることが多いんですね。
なので、

「不要なメモを外す」
「考えを深めるために読み返す」
「分類してジャンル分けする」

とかを、手元でチャチャチャっとやりたかったわけです。
この「ツイストリングノート・メモタイプ」なら、それができるわけです。

それまでは、たとえばかの有名な「システムダイアリー」を使ったりしてたのですが、ある程度長文とかまとまった量のメモを取りたいときは、やっぱりしっかりとしたノートの方がラクなので、「手ひらサイズ」のメモは、本当に「歩いている時に思いつきをメモする」「移動中もToDoリストを確認する」というような時にしか使わなくなったのです。

そうなると、たとえば

5×3インチカードをダブルクリップでまとめただけの「ヒップスターPDA
e0279055_11195260.jpg
だの、

暗記用の単語帳で1穴のカードをメモに流用する
e0279055_11232769.jpg
だのが、意外と便利で使っていたわけですが、こういうのは、思いついたアイディアを、あとで展開する時に、かさばるし、一覧で広げるのに、広い机が必要だしで、なかなか使いづらいのです。

その点、このツイストリングノート・メモタイプだと、本当にメモ帳のみで、整理分類がラクにできますし、穴のピッチがB5/A5/B6などの通常のツイストリングノートと同じなので、メモをそのままノートに挟み込んでしまうことも楽々なのです。
e0279055_11343897.jpg
実にありがたい。
すごく便利です。

このあたり、市販品の「ツイストリングノート・メモタイプ」をそのまま使っても充分に便利です。

ほんとうに、このまま使っても、すごく便利。

(こういう動画で活用方法を紹介してくださっている方がおられます。→こちら)

ま、そのまま使っても充分すぎるくらいに便利なんですが、僕的には、

●リング径が細いので常時持ち歩けるメモ用紙が少なすぎる
●メモをするためのペンをセットにしたい
●「今日のToDo」をメモすることも多々あるのでスタンドとして立てたい

という3つの不満がありまして、そこをなんとかしたかったわけです。
それを解消するために、実は、LIHIT LAB のツイストリングノートの派生商品である、


というメモ帳のリング部品だけを流用して、僕は保存枚数の多いメモ帳にしたてています。
e0279055_11164153.jpg
左がノートパッドSで、右が通常商品です。

(ちなみに、この派生商品は、2016年12月、つまり今月廃番になりました。こらぁ、LIHIT LAB 、どないしてくれんねん! 私は太径リングはどうしても必要なんですよ! うーん。ちょっと破損した時のために買い漁らないといけないかも。)

リング径の違いも写真に撮っておきましょう。ほい。
e0279055_11161177.jpg
ね?全然違うでしょ?
困るんよなぁ、径が細いと。メンテナンス頻度が高くなって、本当に面倒くさい。

ま、それはそれとして。

次はペンホルダー。これは、MIDORIのペンホルダーシールを使っています。
このペンホルダーは、ノートの表紙などに貼るタイプなので、好きなノートにペンホルダを付け加えられて、かなり好きな文具です。
e0279055_10254028.jpg
こんな風にタイトルも書けるしね。お気に入り。(写真はミドリの公式のものをそのまま使ってます。)

それから、ToDoを書き上げた時に机の上で、
こんな感じで「立てて」おきたかったのですね。
e0279055_14361788.jpg
一時期は、メモスタンドなんかも使ってたのですが、メモ帳自体が立ってくれると、ToDoの確認には都合が良いわけです。

これには、ナカバヤシのメモ帳の台紙を流用させてもらいました。

ということで、もうほとんど、原型をとどめていないというか、オリジナルの工作に近い状態になっているのが、この私の「メモ帳」なのですよ。

-----------------------

とまぁ、かなりカスタマイズうしてますが、以上のカスタマイズ内容を簡単にまとめますと、こういうことになります。
e0279055_14414855.jpg

他にも分類用の見出し付箋紙に住友3Mの「超丈夫なインデックス 686S」も使ってるんですけど、このインデックスについては、また書きます。
リンクだけ貼っとこう。

他にも、こまかなカスタマイズ項目はいろいろあるのですが、骨格としてはこんなところ。
私的には大変満足していて、発売の年(2011年)から、かれこれ5年も使い続けている、ということになります。

上でも書きましたけど、穴のピッチが、他のツイストリングノートシリーズと同じなので、このメモ帳に書いたメモをノートの方に移動するのも簡単なので、本当に重宝しております。

いや、本当にツイストリングノートは使い勝手が良くて好きです。

ツイストリングノートの総合的な便利さを楽しく紹介してくれてる動画もあったので、それもちょっとリンクしておきましょう。
普通の針金で閉じてある、同ピッチのメモ帳やノートなら、針金を外して綴じ込むこともできるし(針金を外す道具まで売ってます)、穴あけパンチも揃ってるので、けっこうカスタマイズしやすいノートシリーズなんですよ。

いろいろ楽しい、おすすめのノートシリーズです。

いま流行の「バレットジャーナル」とかにも悪くないかもです。
(バレットジャーナルの説明まではやってられないので、検索してみてください。面白いですよ。僕は面倒なのでやらんけど。)

ということで、メモ帳の話題でありました。

[了]
------------------------------------------------
ということで、ノートやメモ、手帳など、文具に関する記事のアクセスが最近けっこう増えてきたので、以下のようなまとめページを作りました。
このブログの文具系の人気記事10記事へのリンクがまとめてありますので、よかったらみてください。
また、ノートや手帳を使いこなすために読んでおくと絶対お得な書籍35冊を紹介したPDFも、ダウンロードできるようにしました。かなり昔からの名著や知られていない良書の紹介をしていますので、こちらもぜひお読みいただければと思います。
ぜひ、お気軽にご登録ください。

by kids1226 | 2016-12-15 14:56 | 文具・ツール | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。