言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

紙のノートと電子のノート。その役割分担はどうするの?

e0279055_12592427.jpg

デジタルとアナログのノートの使い分けについての考察です。


OneNoteを使ってメモを取っていると、かなりの部分、紙のノートでメモしていたことをデジタルに置き換えるようになりました。


Todoとか、思いつきを書きこむアイディアメモとか。そういうのはデジタルが効果的です。


では紙のノートは使ってないか?というと、これがそんなことはなくて、たとえばキチンと勉強するために読書しながらメモを取るとかの場合には、紙のノートがやっぱり良いのですね。たぶんメモをしながらもそれまでにメモしたところを、何度も読み返すからだと思います。デジタルのノートだと、少なくともVIVO tab note8 の画面解像度だと拡大縮小作業を繰り返さないとメモできないので、読書ノートには不便なんですね。





特に読書ノートの場合は、自分が知らない知識を吸収するためにメモしているわけなので、本当に繰り返し読まないといけませんから、いわば「最初からプリントアウトされている」紙のノートは腰を据えた読みなおしに、適切なんですね。


でも、そういう「しっかり腰を落ち着けて学習する」と言った用途以外では、どんどんメモがデジタル環境へと移行していっております。


というのも、VIVO tabnote8 + OneNote を使い始めてからこっち、「一度メモした内容を、色々なデバイスで繰り返し読み直す」という事が増えているからです。

たとえば、町の中を歩いていて、何かふと思いついたとします。いままではそういう場合は名刺サイズくらいの紙のメモ帳を持っていて、それにメモして、そのメモをあとから分類してノートに保管したりしてたわけです。(そのメモのまま原稿を書く場合もあるし、アイディアメモ専用のテキストファイルに書き移して保存することもありました。)


でも、OneNoteだと、このあたりの「後の整理」というのがほとんど不要になるんですよ。というのも、OneNoteがマイクロソフトのクラウドスペースであるOnedriveにデータを自動保存するからです。


いまなら、歩いている時に思い付いた内容はiPhoneを立ち上げて、iPhone版のOneNoteに保存します。そうするとこのデータはOneDriveに入ってくれるので、自宅に帰れば机上のPCのデスクトップ版OneNoteでも読めるわけです。


あるいは、外でiPhoneにメモした後、ちょっと喫茶店に立ち寄って、いまメモした内容を少しふくらまそうとか、整理しようと思ったら、いきなりVIVO tab note8 を取り出します。別に iPhone は取り出さなくても良いのです。すでにOneNote上で同期されてますから。まぁ多少同期が終わるまで待ち時間は発生しますが、本当に少しの時間です。


という流れなので、ひとつのアイディアとかメモとかキーワードとかを、スマホ、タブレット、PCと3つのデバイスで異なる画面の広さで読み直したり、いじったりするんですね。


その結果どうなるか? というと、ようは「読みなおし回数が増える」んです。ここが思ってた以上にデジタルノートの良いところなんですね。


それこそ、アイディアを出すために一人ブレーンストーミングみたいな事もするんですが、それを喫茶店でVIVO tab でやったとしても、その続きを自宅のPCですぐに始められます。


また、歩きながらのひらめきを iPhoneで書き溜めたものも、自宅に戻れば、もうすでにキチンとセクションに入った状態で整理されてOneNoteの中にあるわけです。(iPhoneでメモを取る時にセクションを選んでます。こうするのが一番効率的)


このデバイスをまたいだデータの整理というのが、まさにノート術でもっとも大事な「繰り返し読むこと」を的確にサポートしてくれてるので、ありがたいですね。

最近、OneNoteの使用頻度がやたらと上がってるけど、「なぜだろう?」と考えると、とどのつまり「デバイスをまたいで使えるので繰り返しの読みなおしが自然にできるようになる」という事がポイントだったのだと気づきました。歩いている時と、出先の喫茶店や打合せ机の上と、自分の机の上のPCという異なるタイミングが全部同じ「一冊のノート」でつながる。


いままでは、紙のノートで「繰り返し読む」ための方法を色々考えてたんですが、OneNoteになってからは、そこであまり「手間」はかからなくなったよなぁとはつくづく思います。


ただやはりアイディアを出すのは手書きでやりたいのでVIVO tab note8 の存在はかなり重要。


でもって、iPhoneでのアイディアメモが手書きでできない(iPhoneOneNoteに手書き機能はありません)のはちょっと残念ですねぇ。


Windows Phone が出てきたらどうやら手書きメモができるみたいなので、かなり期待してるんですが。

おおむね、いまのノート活用の技法はこんなところです。


(了)
------------------------------------------------
ということで、ノートやメモ、手帳など、文具に関する記事のアクセスが最近けっこう増えてきたので、以下のようなまとめページを作りました。
このブログの文具系の人気記事10記事へのリンクがまとめてありますので、よかったらみてください。
また、ノートや手帳を使いこなすために読んでおくと絶対お得な書籍35冊を紹介したPDFも、ダウンロードできるようにしました。かなり昔からの名著や知られていない良書の紹介をしていますので、こちらもぜひお読みいただければと思います。
ぜひ、お気軽にご登録ください。
------------------------------------------------
文具・ツール関連記事一覧
メモ関連記事一覧
ツイストリングノート関連記事一覧
------------------------------------------------
この記事が気に入ったら、メルマガもどうぞ。
コピーライター木田茂夫が「ピンときたこと、ちょっとお知らせするメルマガ」
●キッズシグナル
メルマガ紹介ページへ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/kidssignal.htm

※登録特典として:無料レポート&コミックスをご用意しています。

■コピーライティングのお問い合せはこちらへ。
KID'S COMPANY 問い合わせフォーム
by kids1226 | 2015-05-04 14:30 | 文具・ツール | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。