言葉でマーケを考える


by kids1226

プロフィールを見る

リンク

KID'S COMPANY ホームページKID'S COMPANY Facebook Pagetwitter[木田茂夫]
手帳のノウハウ一気に獲得!ボタンを押して中身を確認!

検索

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
文章の書き方
読書日記
文具・ツール
生活
マーケティング
パンフレット基礎講座
メルマガ:KID'S SIGNAL
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

たった13分で炊ける、フライパン炊飯。

e0279055_23323424.jpg
みなさん、「ごはん」は何で炊いてますか?
え?
そうですよね、炊飯器ですよね。

でもどうも、時と場合と条件によっては、その常識もあやしいのだって話なんです。

実は「炊飯器を買おうと思ってる」と言う事を、知り合いに言ったら、「いやー、うちは炊飯器は使ってない、鍋炊きだ。そのほうがうまい。」と、鍋炊きを勧められたんです。

鍋で炊く方がうまい? そうなん?
とは思いましたが、その氏は生活に関する知識はしっかりした方なので本当の事なんだろうと推測したわけです。

とは言うものの、ですね、僕も一人暮らしですし、炊飯道具をいろいろ買わないといけないわけですよ。計量カップからしゃもじまで。

それに炊飯器には水の量を示す線まで入ってるし、テフロンとか、そういう焦げ付かない加工までしてあるじゃないですか。



どうせ一人だから一番ちいさい三合炊きの炊飯器しか買うつもりはないし、IH炊飯器が大嫌いなので、安い昔ながらのマイコン炊飯器なら数千円で売ってるわけですよ。まぁ6000円ってとこです。道具を別に買いそろえる手間とお金を考えれば、炊飯器を買うのが賢いって思ってたんですね。それにうちのガスコンロは二口ですから、鍋炊きすると一口減ってしまうし。

ただ、その時にふと、「ごはんってフライパンで炊けるんやろか」という疑問が湧いて来たわけです。

どうなんよ、そこのとこ。
すごく気になる。

って言うのも、一人暮らしをするにあたって、
●料理を趣味にする。
●とりあえずの目標としてフライパンをキチンと使いこなす。
という方針を立ててたからなんですね。

難しいことはできない。
でも、できそうな目標は持って、それは実現していく。

これが幸せになるための基本ルールですからな。

なので、とにかく「フライパン」というのが僕の重要な課題になっているのですよ、いまは。
(あと、上達の法則の一つに「ひとつの技法に徹底的にこだわる」ってのもあるんですが。これはまたそのうち。)
なので、ものは試しと、ネットで「鍋で炊くごはんの炊き方」を調べてやってみたわけです。そうすると、鍋炊き炊飯のページに書かれていたことはいわく、5分強火、10分中火、5分弱火。

知り合いの氏からは、「17分でいける。」と聞いていたので、ネット情報、知り合い情報をあわせて、まぁ17~20分なのだろうなと、それを頭に入れて炊いてみたわけです。
(ちなみに、炊飯器だと、必ず30分かかります。これは経験済み。)

すると、これがもう、本当に大失敗で。
コゲコゲのとても食えない飯ができあがったわけです。

でもまぁ、ありがたい事にフライパンってテフロン加工とか、焦げ付かない鍋肌になってるじゃないですか。なので、さして落ち込むこともなく、失敗したコゲのところだけ捨てて、再挑戦したわけです。
(このあたりの焦げ付かないってところが、僕のフライパン好きのポイントなんですが。焦げた鍋をゴシゴシ洗うのほど、情けないことはなくて、「もう料理なんかしない!」って気分になりますが、最近のフライパンではそんな事にはならない。)

で、今度は火を弱めにして、同じくらいの時間でやってみたのですね。そうすると、まぁまぁの感じにはなったけど、それでもやっぱりコゲる。

なんでや!

と、腹が立ってきまして、今度は書店に出かけて、料理本の棚の所に行き、「フライパンで作るうんたらかんたら」とかいう本を次々に立ち読みしていったわけです。

そうすると、驚くべき事が書いてあったのです。

●フライパンでの炊飯は底面積が広いので、短時間で炊けることが特徴。

なんだそうで。

ええええ、そ、そ、そうだったのか!
ってなもんであります。

なんと、私のやり方は鍋用をフライパンに応用していて、時間が長すぎたんですね。


●底面積が広いから短時間で炊ける。


このあたりまえの科学的事実を捕まえた私はですね、もうフライパン炊飯をするのに、時計を見るのはやめたわけです。
それよりも、フライパン用のガラス蓋(これはフライパン料理をする時には必須ですぞ。便利この上ない。)から見える、中の米の様子だけを頼りに炊くことに変更したのであります。

めでたく、目で炊くことになった! ってことです。

で、じっと見ながら、「おう、もう中火にしたほうがええな。」「おう、そろそろ弱火にするか」とか、見た目の気分、雰囲気で炊いてみたわけです。
いやー、実にめでたい。

そうすると、22cm経の少し深型のフライパンで、2合炊きの全行程が、約12~3分だったのでありますよ。

13分ですよ! 13分!

なんじゃこりゃ。この早さは!

炊飯器の30分なんかより、ぶっ飛びで速い!
どういうことやねん、ちゅう話であります。

で、味ですが、これがうまい!!!!
ごはんはガスで炊くのがうまいのだ、という話は良く聞くけど、ほんとうにほんとうなんですね。
ごはんはガスで炊くのがうまい。

僕の経験から言うと、ご飯の味は、IH炊飯ジャーがダントツで、圧倒的に無茶苦茶にマズイです。
IH炊飯器は本当にまずいんですよ。5万円もする炊飯器を買って炊いてみたことがあるからはっきり言えます。あれはまずい。本当にマズい。やめたほうがいい。
ものすごく期待して買ったので、本当に _| ̄|○(タスケテクレヨ) って感じになりました。
もうね、ヨドバシとかに行って、IHしかないのが「ウソーーーー!」って言うくらいにまずいです。やめなさい、あんなもの。ほんとに。

IHではない、マイコン炊き炊飯機の味がその次で、これは腹が立たない。まぁ食えるって味。悪くないです。で、たぶん鍋炊きが一番うまい。

で、フライパン炊飯は、おそらく鍋炊きと同じでしょう。ヒジョーにうまいです。

ちゅうことは、ですね、13分の早炊きができて、しかもうまいのだから、一人暮らしの私には、圧倒的にフライパン炊飯が勝利者じゃねーか!
って事になってしまうんですよ。

まぁコンロの口を一つふさぐけど、それでも13分なら問題ないよ。充分だよ。ねぇ?
料理の下準備してから炊くとか、逆に料理の下ごしらえしながら炊くとかで完璧にまかなえる。
素晴らしい解答ではないですか。

だがしかし。
ここで大きな疑問が出てきたのです。

じゃあ、なんだ? 世間の電気炊飯器ってのはサギ商品なのか? って思ったんですね。
どうしてまずくて、時間のかかるような炊飯器がそんなに市場性を持つのだ? ってことです。
これが大きな疑問になってきた。

ですが、これ、冷静に考えると、「一合、二合程度の少量を炊く炊飯器」ってのは、ほとんど市場に出てないんですね。家電店に行ってみてください。一番ちいさいので三合炊きなんです。一合二合炊きというのも、なくはないけど、まぁ特殊な商品という位置づけですわ。

この事実から、やっと分かったんですが、ネットで調べてみると、米ってのは鍋で炊くと三合以上はムラができやすいらしいんですね。だからおそらく、「電気炊飯器」という商品は、三合以上炊く場合の専用機なんだってことなんです。

多分、結婚して、父母がいて、娘・息子がいてという四人とかの家族になって、そこで4合以上のお米を炊いて、鍋だとムラができやすくて失敗して、それで「やっぱりご飯は炊飯器で炊かないとダメだわ」になったんだろうなと。
それにそれだけ大家族になると朝の時間も大忙しでしょうから、タイマーで炊飯させるのも大事な機能になってくるわけです。

だから、電気炊飯器というのは、そういう「四合以上炊く」「タイマーでセットしたい」「朝のご飯を次の昼ご飯でも食べる」という要望にのみ合致した特殊商品なんだ、ということなんです。

世の中が核家族化して、一人暮らしが増えてくると、そういう一人暮らしには「電気炊飯器」は向かないってことになるわけですね。
で、そんな少量だと「炊飯機」で炊くよりも鍋で炊く方がウマイし、速いということで、市場化できなかったんだな、って思うわけです。

だからつまり「ごはんは炊飯器で炊かなきゃ!」っていうのは、あくまで、三人以上の家族の時だけってこと。逆に言えば、一人暮らしとか、夫婦二人の新婚家庭とかなら、一合二合を食べる時にさっと炊いた方が、圧倒的においしいってことですわ。

なんだかなぁ。だまされた気分なのであります。大家族幻想っちゅうか。サザエさんシンドロームっちゅうかですなぁ。

まぁ、そういうようなことがわかりまして、とにかく一人暮らしなら飯はぜひともフライパンで炊いてください。超おすすめです。ほんとうにうまいです。

ま、そんな事で。



[了]------------------------------------------------

■関連記事-----------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
この記事が気に入ったら、メルマガもどうぞ。
コピーライター木田茂夫が「ピンときたこと、ちょっとお知らせするメルマガ」
●キッズシグナル
メルマガ紹介ページへ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kids/company/kidssignal.htm

※登録特典として:無料レポート&コミックスをご用意しています。


by kids1226 | 2006-11-29 10:17 | 生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。